ここから本文です

オペラ劇場で朝まで眠りながら演奏を聴くという、風変わりなコンサート

7/19(水) 18:50配信

WIRED.jp

イタリアの都市・ベルガモにある劇場で、音楽を聴きながら眠るという変わったコンサートが開かれた。8人のアーティストが夜を徹して代わる代わる曲を演奏するなか、200人の“聴衆”が眠りにつく様子は、なかなか奇妙な風景だ。

イタリア・スカラ座がVRで体験できる「360度ヴィジョン」ツアーを開始

その夜、イタリアのベルガモ中心部にある「ドニゼッティ劇場」は大忙しだった。ガイドツアーが終わり、扉は午前0時まで閉ざされていた。座席は外に山積みにされ、出入り口ではクッションとソックスがビニール袋に詰め込まれている。劇場内は土足禁止となっている。

これは、2017年6月17日の夜に開かれた「Sleep Concert」(スリープコンサート)の最後の準備の様子だ。コンサートの聴衆は眠っているか、ほとんど眠っている。オペラ劇場で行われるものとしては、欧州初となる。コンサートは作曲家のガエターノ・ドニゼッティに捧げられ、生誕の地であるベルガモで開かれた。

コンサートのコンセプトは、「参加者の眠りに寄り添う」ことだ。「いずれにしても聴衆は夢うつつの状態になります」と、イヴェントのアート・ディレクターであるフィオレンツォ・テレンギは説明する。

このコンサートのタイトルは、ドニゼッティが作曲したオペラの一種、ファルサの「夜の鐘」をもじって「鐘の夜」と名づけられた。これは偶然ではない。「夜の鐘」で主人公は、自分の恋人が結婚初夜を迎えるのを邪魔するために、その夫である薬屋の店先の鐘を1時間ごとに鳴らしたのだ。

フィオレンツォはコンサートのために、8人のアーティストを選んだ。イタリア人もいれば、アメリカ人やロシア人もいる。午前0時から午前8時まで、8人がそれぞれ1時間、オペラの演奏や電子音楽などで、200人の参加者を夢のなかへと導いた。

大部分の聴衆は「夢のなか」

参加者の平均年齢は32歳で、17歳の友達同士のグループから、熱心なオペラファンの78歳まで幅広い。男性は少なく、多くは恋人と抱き合って寝ていた。いびきをかく人もいるが、大部分の聴衆はうとうとしていて、アーティストが演奏を終えると目を開ける。

ホールは暗く、唯一の明かりは音楽家を照らすライトだけだ。音楽家たちはマイクの前に立ったり、キーボードの前に座ったり、ベッドに寝転ぶようにしながらミキシングコンソールに接続したPCから曲をミックスしたりする。

午前3時、大半の聴衆がまどろんでいるのがはっきりわかるころに、ギタリストのアレッサンドラ・ノヴァーガの番が回ってきた。彼女にとっても初めてのSleep Concertである。それにしても聴衆が眠っているなんて、一般的にはアーティストにとっては“恐怖”でしかない。このコンサートのコンセプトについてどう思っているのだろうか? 「人々はこの体験をしっかり楽しんでいて、音楽に身を任せているのがわかります。普通はひとりで寝るときにしかとらない姿勢でいる人もいました」

聴衆のひとり、53歳のイヴァンはそれを認める。彼は出入り口に最も近いマットレスのひとつに横になっている。ぐっすりと眠れたわけではない。その理由をイヴァンは、「音楽を聴くときは、ほかに何もできないのです」と語る。ホールで照明が再び点灯し、電子音楽の演奏が始まると再び場内が暗くなる。

誰かが伸びをする。アイマスクをもってこなかった人は、シーツを顔の上に引っ張り上げる。外では、もう陽がのぼっていた。ホールでは、コンサートが終わるまでどのくらい時間がかかるのか、はっきりわかる人は誰もいない。聴衆からはこんな声が上がった。「よかったかどうかわかりませんが、また参加したいですね」

ELENA PERACCHI

最終更新:7/19(水) 18:50
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc