ここから本文です

プラスサイズモデルのアシュリー・グラハムが伝授!カーヴィーな女性のためのファッションアドバイス13

7/19(水) 20:30配信

ハーパーズ バザー・オンライン

アシュリー・グラハムは、自身の体型を生かしてモデルとなり、世の女性を勇気づけている。モデルとしてのキャリアだけでなく、プラスサイズの女性のために可愛いランジェリーやスイムウェアのコレクションをデザインするなど、自分のボディに自信を持つことにかけては女王的存在の彼女。
プラスサイズのためのファッションアドバイスを求めるなら、常に素敵な彼女をおいて他にはいないだろう。

【写真】プラスサイズモデル、アシュリー・グラハムのインスタグラムをチェック!

そこで、これまで彼女が語ったスタイル名言集を振り返ってみよう。

1. ストラップレス・ブラ

アシュリーはインスタグラムにこう書いている。「ストラップレス・ブラを着ける時のアドバイス。バンドはワンサイズだけ小さめに。窒息しない程度におっぱいを持ち上げて」

2. プラスサイズの女性がワードローブに持っておくべき服とは?

『People Now』誌のインタビューでアシュリーは「黒のスキニージーンズにオーバーサイズの白のTシャツ。とは言え、ウエストが締まったものを見つけるのはとても難しいのだけれど、それと黒のライダージャケットね」

3. 毎晩、どんな人でもすべき唯一のこと

『ヴォーグ』の73問インタビューで、彼女は毎晩、ハンドバッグに汚れがたまらないようにきれいにしていると答えている。

4. 丈夫なジャケットを軽視しないこと

「ライダージャケットは不格好をシックに変えてくれる」と『Redbook Magazine』に。

5. プラスサイズの女性が持っているべきアイテムは?

『ヴォーグ』誌に、スキニージーンズがワードローブの定番と語っている。

6. ボディスーツは偉大

「ボーイッシュなボトムをはいてもセクシーに見えるし、はみ出してくる心配をしなくて済むわ」と、『Redbook Magazine』に。

7. すべてはブラから始まる

『Glamour』誌のインタビューで、服の下にはちゃんとフィットするランジェリーをつけることが重要と回答。「パーフェクトなシルエットをつくるためにパーフェクトなブラを見つけましょう。ブラから始まる、というのが私のモットー。それに、ランジェリーを見せることもできるわ。セクシーな気分にさせてくれますよ」

8. ネオプレン素材を見つけて

『Redbook Magazine』にはまた、ネオプレン素材のスカートは「ボディを心地よくなめらかにしてくれるので、スパンクスをはく必要がない」とも。

9. 結婚式を含め、いつの時も着たいものを着る

これはアシュリーが声高に言ったことではないけれど、妹の結婚式の時のこの写真を見れば一目瞭然。

10. 時間をかけて、いいジーンズを見つけて

『ヴォーグ』誌に、「お腹やお尻がちょっと太めだったら、ブーツカットジーンズを。全部のバランスをとってくれるし、とっても洗練されて見えるから」と。

11. ジーンズを買う時は、「必ずスクワット・テスト」を

12. そして、色がまだらのジーンズを避ける

続けて『ヴォーグ』のビデオ・インタビューの中で、「太ももやふくらはぎのあたりが色あせしているジーンズをはくのは最悪。そのあたりに視線を集めてしまうから」と。

13. クロップドトップを避ける必要はないけれど、着るなら戦略的に

「私みたいに下腹部が太めの場合は、少し高めの位置の肌を見せること」

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年12月号
2017年11月20日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。