ここから本文です

【これで黒目がち美女に見える】美女ってるカラーライン [VOCE]

7/19(水) 17:30配信

講談社 JOSEISHI.NET

夏の新色に興味津々だけど、ビビッドカラーやブロンザーは使いこなせるか、正直不安。そんなあなたに“美女メイクの達人”千吉良恵子さんが、夏アイテムを使いこなして美女になるコツを徹底レクチャー!

「黒のラインを全体に細く引いてから、ネイビーのラインを目尻側2/3に。これが黒目がち美女に見せるポイント。ネイビーのマスカラを目尻に塗って、相乗効果を狙います」

HOW TO MAKE-UP

1.黒のリキッドライナーで上のキワ全体に細くラインを引く
2.ネイビーで目尻側2/3にラインを引き、目尻を5mmのばす
3.マスカラは全体に黒を塗ってから目尻側にネイビーを重ねる

使ったのはコレ!

ランコム グランディオーズ ライナー 06
「目尻は無理にハネ上げずに、目のキワに沿って引いたラインのカーブをそのまま5mmのばすのがコツ」。光が当たらないときは落ち着いたグレイッシュトーンなのもおとな。

RMK マット マスカラ N 03
「ラインとまつ毛のカールがシンクロするように、上の目尻側1/3のまつ毛を外側に流します」。マットな質感がネイビーの発色をより美しく引き立たせる。

教えてくれたのは

ヘア&メイクアップアーティスト 千吉良恵子さん
LA DONNAに20年所属したのち、2012年に自らの事務所cheek oneを設立。活動の幅を一層広げる。明るいキャラクターと、大人の色気が漂う美女をつくるメイクの手腕に、数多くの女優が絶大な信頼を寄せる。



撮影/神戸健太郎(モデル)