ここから本文です

賛否両論のVARsの現状。最新テクノロジーはロシアW杯に間に合うのか?

7/19(水) 18:52配信

SOCCER DIGEST Web

日本協会がレフェリーブリーフィングを開催。

 日本サッカー協会は7月19日、JFAハウスで第4回レフェリーブリーフィングを開催。会見ではスイス・チューリッヒで行なわれた第4回VARs(ビデオアシスタントレフェリー)ワークショップに基づいて、VARsに関する説明がされた。
 
 VARsによる判定が初めて適用されたのは、昨年のクラブ・ワールドカップ準決勝・鹿島対アトレティコ・ナシオナルの一戦。その後は、U-20ワールドカップやコンフェデレーションズカップでも採用されている。
 
 VARsをめぐっては、精度の高い判定が可能になった一方で判定までに時間がかかるなど、賛否両論の声が上がっている。だが、IFAB(国際サッカー評議会)は昨年の日本で開催されたクラブ・ワールドカップのほか、オランダ、アメリカ、イタリアでもテストを実施し、手順を改善したという。
 
 今後はオーストラリア、ブラジル、フランス、メキシコ、サウジアラビアなどの16か国でVARsの実験が予定されている。その後、2018年3月にロシア・ワールドカップでVARsが採用されるか否かについて最終決定が下されるという。
 
 VARsは得点、PK、一発退場、人間違い…など、試合結果を大きく左右するレフェリングに対して「明らかな間違い」であったかどうかを判定するものだが、最終判断はテクノロジーではなく、あくまで人間である。適用となれば、重要な場面での誤審は劇的に減ると考えられるものの、前述したように現状では判定までに時間がかかるといったネガティブな声も上がっており、慎重な判断が求められている。
 
 そのため、ビデオを見る審判にもトレーニングは必要であり、人材整備という点においても課題は多い。改善点はまだまだあるが、各国で行なわれる実験を経てロシア・ワールドカップでの採用は実現するだろうか。

【PHOTO】ドルトムントの美女サポーターたち♥

最終更新:7/19(水) 18:52
SOCCER DIGEST Web