ここから本文です

その歴史は横浜山手から始まった―麒麟のラベルは、いかに育ってきたか

7/19(水) 6:30配信

ダ・ヴィンチニュース

 JR東海道線で神奈川の横浜~川崎間を走っていると、海側に工業地帯が見える。その車窓の中でも「KIRIN」と書かれた屋上の赤い看板がひときわ印象的なのが、キリンビール横浜工場だ。創業時には同じ横浜市内の山手地区にあったのだが、関東大震災で工場が倒壊してしまったため、1926年に同じく市内の生麦に移転。以来、この地でずっとビールを造り続けている。

 本書『日本の会社 キリンビールの110年 絵で見る歴史図鑑』(夢現舎:編/彩流社)は、キリンビールの歴史をグラフィカルに振り返る1冊だ。キリンビール株式会社提供による歴代のラベルデザインや、設立当初の各工場の写真も掲載され、それらを眺めているだけでも楽しい。また、戦前のイラストポスターを見比べられるのも嬉しいところ。鮮やかに描かれたビールと艶やかな女性像に、つい見入ってしまう。

 ポスターもさることながら、やはりキリンビールといえば、ラベルに描かれた「聖獣麒麟」が思い浮かぶだろう。キリンビールの前身である「ジャパン・ブルワリー・カンパニー」(以下、JBC)は、1885年に横浜市山手で創業されるが、1907年に「麒麟麦酒株式会社」が事業を受け継ぎ、今に至る。元々JBCは、在留外国人たちが中心となり設立された。三菱社長の岩崎彌之助をはじめ9人の日本人も株主として参加しており、販売に際し三菱の荘田平五郎が「東洋にが麒麟という霊獣が居るのだから、それを商標に」と提案したものだという。当時、輸入ビールのラベルには狼や猫などの動物が描かれていたが、それに対しての差別化のようだ。

 意外にも、開業当時のラベルでは麒麟が小さく描かれており、今とはだいぶ雰囲気が違う。基本となるカラーも青と黒で、重厚さを感じる。しかし翌年には大きく描かれ現在のデザインの原型となり、白地に赤と黄を基調とした、お馴染みの配色もここから始まる。その顔をよく見ると今よりも彫りが深く体も青緑色で、より生物的な印象を受ける。これは是非とも今の麒麟と見比べてほしいところ。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ダ・ヴィンチ

株式会社KADOKAWA

2017年11月号
10月6日発売

特別定価​690円(税込)

【表紙】乃木坂46
祝!2期スタート 『おそ松さん』特集&だからアニメはやめられない!
「6つ子」描き下ろしトビライラスト
『おそ松さん』豪華キャストによる、特別鼎談!!