ここから本文です

アヌシー国際アニメーション映画祭でグランプリを受賞した『夜明け告げるルーのうた』―その秘密は斬新な映像表現を可能にした技術にあり!!

7/19(水) 17:30配信

ダ・ヴィンチニュース

 昨年あたりから劇場アニメ作品の興行成績が好調で、海外からの評価も高い。そんな中、輝かしい栄誉が日本のアニメ映画に与えられた。2017年5月19日に公開され、現在も上映中の『夜明け告げるルーのうた』が、「アヌシー国際アニメーション映画祭」長編部門のグランプリにあたるクリスタル賞を受賞したのだ。

「アヌシー国際アニメーション映画祭」とは、元々フランスの「カンヌ国際映画祭」の一部門であったが1960年に独立する形で創設された、世界最大規模のアニメーション映画祭。そしてその長い歴史の中、グランプリを獲得した日本の作品は本作を含めて3作品しかない。まさしく日本を代表する作品となったわけだが、その魅力はどこにあるのか。『夜明け告げるルーのうた アートブック』(一迅社)を読んでいると、理屈抜きにその素晴らしさが伝わってくる。

 まずは簡単にストーリーを整理しておこう。主人公のカイは寂れた港町・日無町に住む中学生。彼は音楽が好きだったが、その気持ちを素直に表すことができず、クラスメイトの遊歩や国夫からバンドに誘われても参加に消極的。そんな時、カイの奏でる音楽に惹かれて、人魚の少女・ルーが姿を現す。彼女との出会いによって、カイも以前より積極的に音楽に取り組むようになるが、町の祭りでルーの存在が多くの人に知られることに。日無町は人魚容認派と否定派の思惑が入り乱れ、それが大きな騒動に発展していく──。

『けいおん!』など多くの人気作を手がけた脚本家・吉田玲子氏のシナリオはもちろん、この映画ではカラフルな色彩や斬新な映像表現など、監督・湯浅政明氏の手腕が存分に発揮されている。それを可能とするためには、やはりスタッフが監督の持つイメージを共有していなければならない。そこでまず用いられるのが、いわゆる「イメージボード」というものである。監督がどのような世界観を持っているのか、それをイメージボードで正確にスタッフへ伝えることこそ、ブレない作品の構築には必要不可欠。本書では湯浅監督によって描き起こされたイメージボードが多数掲載されている。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ダ・ヴィンチ

株式会社KADOKAWA

2017年11月号
10月6日発売

特別定価​690円(税込)

【表紙】乃木坂46
祝!2期スタート 『おそ松さん』特集&だからアニメはやめられない!
「6つ子」描き下ろしトビライラスト
『おそ松さん』豪華キャストによる、特別鼎談!!