ここから本文です

あなたも「ジャイ子系女子」? 一芸に秀でた努力の女 ジャイ子流サバイブのススメ

7/19(水) 6:00配信

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)

 早くも各所で話題になっている本連載「もしもドラえもんの女性キャラが現代のキャリアウーマンだったら」略して「もしドラ」。今回取り上げるのは、ジャイアンの妹・ジャイ子です。忍耐強さ、チャレンジ精神、強い心の持ち主であるジャイ子――。彼女から学べることが、実はたくさんあるのです。

【関連画像】強く真っすぐな心を持って漫画を描き続けているところがかっこいい! イラスト/田中小百合

 ジャイ子はガキ大将・ジャイアンの妹で、顔はジャイアンにそっくり。登場回数はそれほど多くありませんが、二つの特徴で際立った存在感を示しています。

 一つは、もともと「のび太の将来の結婚相手」だったということ。「えっ、のび太の結婚相手はしずかちゃんじゃないの?」と不思議に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実は連載開始当初、のび太の未来の結婚相手はしずかではなく、ジャイ子でした。

なぜドラえもんは、のび太の元へやってきたのか

 そもそもドラえもんは、「将来ジャイ子と結婚した揚げ句、事業に失敗して多額の借金を背負ってしまうのび太のひどい運命」を変えるため、未来の世界から送り込まれたお世話ロボットでした。これは、「先祖がもうちょっとまともなら、子孫である僕たちの生活はもっとマシになるだろう」と考えたのび太の孫の孫、セワシのアイデア。つまりジャイ子は「のび太の悲惨な未来」の象徴だったのです。

 もう一つは、マンガ家になる夢があるということ。ジャイ子は「クリスチーネ剛田」というペンネームを名乗り、たびたび作品を発表しています。

 ジャイ子がマンガ家志望だという話が原作で最初に描かれたとき、ジャイ子の作品は町内の子どもたちに酷評されるような出来でした。しかし、彼女は登場ごとにメキメキと実力を上げ、最終的にはマンガ読みのエキスパートであるのび太をうならせ、商業マンガ誌の編集長からも才能を認められます。

 その後も、志を同じくする茂手(もて)もて夫という少年と同人活動で切磋琢磨(せっさたくま)したり、出版社にせっせと持ち込みをしているとおぼしき描写があったりと、ジャイ子は夢に向かって努力を続けていくのです。

1/4ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ウーマン

日経BP社

2017年9月号

価格:590円(税込)

ぜ~んぶスッキリ!1分で捨てる新習慣
貯蓄1000万円お金の裏ワザ130
話が分かりやすい人の「伝えるコツ」
おとなの教養が身に付く夏の必読本

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)の前後の記事