ここから本文です

盛り上がる英国モード キャサリン妃も愛用、その魅力

7/20(木) 7:47配信

NIKKEI STYLE

 英国風のおしゃれが世界的に再評価されています。2017~18年秋冬シーズンにはブームといえるほどに盛り上がる気配。英国らしいクラシック感と仕立て技術が着姿に大人の品格を寄り添わせてくれます。英国ブランドを集めたショップ「VULCANIZE London(ヴァルカナイズ・ロンドン)」から、日本ではまだあまり知られていない実力派ブランドをピックアップして、英国モードの魅力を掘り下げてみましょう。

【クラシックとモダンの程よいミックス】
■KATHERINE HOOKER(キャサリン フッカー)

 英国王室を代表するファッションリーダーであるキャサリン妃が愛用するブランドの一つが「KATHERINE HOOKER(キャサリン フッカー)」。英国ならではのクラシカルなフォルムでエレガンスを感じさせながら、堅苦しくない着映えのコートは幅広いシーンに活用できそうです。丹念なテーラーリングはコートでありながらドレスのような立体感を生んでいます。英国調テーラーリングは来秋冬にクローズアップされそうなテーマとしても見逃せません。

【エレガンスとガーリーが自然に同居】
■GOAT(ゴート)

 英国ブランドの持ち味は主張しすぎないところにもあります。2001年に誕生した「GOAT(ゴート)」は体の曲線を自然に引き出すカッティングでドレスを提案。フォーマルウエアで経験を積んだ英国人デザイナーは、品格あるシルエットと、ガーリーなディテールをミックスするのを得意としています。レトロフォルムのワンピースにはスワロフスキーエレメンツをちりばめて上品な光を呼び込みました。エレガンスに愛らしさが加わったデザインは若々しい着映えに導いてくれそうです。

【「レース、ラッフル、花柄」のトレンド3本柱】
■Perseverance London(パーセヴェランス ロンドン)

 ロンドンコレクションが開催されるモード発信地の英国には、欧州全域から才能が集まってきます。スペイン出身のデザイナーが手がけるブランド「Perseverance London(パーセヴェランス ロンドン」はレースを巧みに生かす技法に特徴があります。上半身を花びらで埋めつくしたかのような、手の込んだ総レース仕上げが上品な表情です。夏のイメージが強かったレースは年間を通じてはずせないディテールに。夏場は涼やかさを演出する効果があり、秋冬には着姿を軽やかに見せてくれるので、レースアイテムをワードローブに加えておくと重宝するでしょう。

1/2ページ

最終更新:7/20(木) 7:47
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。