ここから本文です

あなたの職場でも? 「くるぶし男子」増殖中! NEXTクールビズ、着崩すおしゃれ

7/20(木) 7:47配信

NIKKEI STYLE

 「クールビズ」が提唱されてから今年で13年目。すでにノーネクタイ、ノージャケットが当たり前となり、業種や企業によってはチノパンやポロシャツ、スニーカーなども徐々に職場に浸透しつつある。そんな中で、最近のトレンドとして注目されているのがくるぶしを出した男性の涼しげな着こなし。暑い夏の服装のおしゃれな着崩しとしてジワリと広がっている。
 ◇   ◇   ◇
 涼しさはまず足元から――。毎週金曜日朝。東京・北青山の伊藤忠商事本社にはデニムやポロシャツなどラフな服装をした社員が続々と出社する。同社は岡藤正広社長の号令で6月16日から毎週金曜日を「脱スーツ・デー」と宣言し、社内の服装コードを大幅に緩和した。男性の着こなしで目立つのは颯爽(さっそう)とした「くるぶし出し」スタイルだ。

■風通しよく、涼しさ漂う

 「最初は抵抗感もあったが、試してみたら風通しが良く、涼しさが全然違う」と話すのは保険ビジネス第一課の斎藤隆文さん。だらしない印象にならないようにパンツにきちんとセンタープリーツを入れるなど常に清潔感を心がけているという。
 「チノパン、デニム、カーゴパンツや裾の短いロールアップパンツなどが解禁になり、くるぶしを出す社員がさらに増えた」(同社広報部)。「見た目にも涼しいし、取引先との会話の糸口にもなる」とビジネスへのプラス効果も期待する。
 足首を出す着こなしは日本では元祖トレンディー俳優の石田純一さんらが実践してきたことで知られるが、もともとはイタリア、フランスなど南欧で広がった夏の着こなしだった。伊フィレンツェで年2回開催される世界最大級の紳士服展示会「ピッティ・イマージネ・ウオモ」でも夏はくるぶしを出すスタイルがすでに定番になっている。
 「ただ単純に着崩せば良いというわけではない。相手を不快にさせないように一段高いセンスが問われる」と東京・銀座の紳士服店「ヴェスタ」の北川美雪さんは説く。周囲の空気を読み、自分の身だしなみに気を配る。柔軟な発想や好奇心、チャレンジ精神が必要なのだ。

1/2ページ

最終更新:7/20(木) 7:47
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。