ここから本文です

猛暑対策グッズが進化 涼感スプレー、チューブ冷却下着など

7/20(木) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 近畿や関東甲信でも梅雨明けが発表され、いよいよ夏本番──。だが、7月に入って早くも気温35℃以上の猛暑日になるなど、すでに夏バテ気味という人は多いはず。熱中症で病院に搬送される患者数も増え続けている。

 そんな中、東京ビッグサイトでは熱中症対策商品や冷感設備を集めた『猛暑対策展(7月20日まで)』が開かれている。会場で見つけたクールダウンに効果覿面の“ひんやりグッズ”を紹介しよう。

「日本1億総冷却」を掲げて冷感グッズの数々を展示している大作商事(東京都千代田区)の一押しは、ネッククーラーの『マジクール』だ。

 これは水を含ませたタオルを首に巻くだけで冷却効果が持続するというモノ。近年、雑貨店やドラッグストアなどでも同種の商品は多数売られているが、同社のマジクールがパイオニア。2005年の販売開始以来、累計出荷数は800万本を突破したという。

「他メーカーのネッククーラーの中には、冷感効果の低い中国製を使って撤退していった商品もたくさんあります。当社のマジクールは冷感を最大化するための布と、中に含まれるポリマーも多種多様で超微細のものを使用し、20時間の冷感持続を実現させました」(大作商事コンシューマープロダクト事業部の担当者)

 他に真似されない冷却性能を誇り、いまでは一般家庭での消費のほか、海上自衛隊などの官公庁、大手自動車メーカーや電機メーカー、建設・運輸会社などの仕事場でも多数の納入実績を持つ。

 衣服の上からシュッと吹きかける大容量(500ml)の“涼感スプレー”シリーズで人気なのが、化粧品や家庭用品の製造販売・卸を手掛ける、ときわ商会(東京都墨田区)の『シャツシャワー(税抜1250円)』だ。

 スプレーしてから30分後も服を通じて「ひんやり感」を保つことができるシャツシャワー。昨年発売した「ストロングミント」に至っては1時間の持続効果があるという。さらに、涼感だけでなく、消臭効果もあるエキスを配合しているため、汗の臭いや加齢臭も消臭できる。今年4月にはインパクトのある「スイカの香り」も発売。2011年の発売以来、累計販売本数は130万本を超えた。

1/3ページ

Yahoo!ニュースからのお知らせ