ここから本文です

【都市対抗野球】元巨人・加治前竜一の“イクメン”ぶり

7/20(木) 16:00配信

週刊ベースボールONLINE

14日から開幕した第88回都市対抗野球大会。週刊ベースボールONLINEでは、都市対抗にまつわるさまざまな情報や知られざる秘話を『JABA×グラゼニ社会人野球公式サポーター』の3人が日替わりで発信していきます。本日は豊島わかなさん。

既婚の選手にクローズアップ

 選手の皆さんに、野球をするにあたって心の支えになっていることは何ですか? と質問をすると、「家族の支えです」と答える方が多いです。掘り下げてお話を伺うと家族愛で溢れたコメントが出る出る…。

 ということで今回は若手の独身選手ではなく、既婚の選手にクローズアップし、家族愛や“イクメン”ぶりを語っていただきました!

 三菱日立パワーシステムズの元巨人・加治前竜一選手(智辯学園-東海大-巨人)は、双子の息子さんがいらっしゃるとか。

「8ヶ月になる息子のオムツ交換が特技です。誰にも負けないくらいていねいに、しかも素早く取り替えられます」

 この日8回裏にヒットを打ち、逆転勝利を決めた加治前選手。プレーの話をするときよりも弾ける笑顔でお話してくださいました。

 16日の第1試合で先制タイムリー二塁打を放ち、チームの勝利に貢献したホンダ熊本のベテラン捕手・浜岡直人選手(九州学院高-亜細亜大)。「マイホーム買っちゃいました!」と満面の笑みで幸せ話をしてくださいました。

「性格の適当さは大舞台で力みに繋がらない強みですが、奥さんからは適当過ぎる! と叱られています(笑)」。という、ほっこりエピソードもいただきました。

「公園遊びが趣味です!」と語ってくれたのは三菱重工名古屋の馬場強司選手(東邦高-専修大)と中田亮二選手(明徳義塾-亜細亜大-中日)、JR北海道硬式野球クラブの丹澤賢選手(甲府工-国士舘大)です。オフの日は公園に足繁く通い、お子さんの公園遊びにとことんお付き合いをしているんだとか。

 三菱重工名古屋の補強選手・佐藤二朗選手(ワシントン・ルイス州立高-ヤクルト-シダックス-ヤマハ)は、10歳になる息子さんの野球の練習を手伝っているという、野球選手のお父さんならではの羨ましいお話も聞かせていただきました。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ