ここから本文です

『スター・ウォーズ』のテーマパークが2019年に開業へ

7/20(木) 7:32配信

WIRED.jp

ディズニーが映画『スター・ウォーズ』のテーマパークを2019年に開業すると発表した。映画の世界観をテーマパークとして現実化する手法は、いまや映画会社の「勝利の方程式」でもある。はるか宇宙の彼方にあったはずのスター・ウォーズの世界は、どのような姿でわたしたちの目の前に姿を現すことになるのか。

スター・ウォーズの公式ドローン

映画『アイアンマン2』に登場するハワード・スタークは、人間による革新の可能性を展示する大規模で奇抜な万国博覧会を開催しようとした。SFというものは、こうした世界を言葉と映像でつくりあげる。だがウォルト・ディズニーは、それを現実のものにしたのである。

ウォルトはプリンセスが住む城を描くだけでなく、実際に建ててしまった。1950年代にはアナハイムのディズニーランドで、そして70年代にはオーランドのウォルト・ディズニー・ワールドでだ。

それから数十年後、ディズニーが残した巨大企業には、さらに多くの建設すべき世界があった。21世紀に入ってからの一連の買収によって、ディズニーはマーベルが生み出したコミックの世界、ルーカスフィルムが遙か彼方につくった銀河系の世界、そしてピクサーのアニメの国の権利まで手に入れたのである。これほど多くのフィクションの世界が広がっていれば、すべてを現実の世界に建設することは不可能に思える。

ミレニアムファルコンを操縦し、戦いのまっただ中に

だが、それに挑戦しないという意味ではない。

いまやディズニーのすべての撮影部隊が、さも当たり前のように大ヒットを生み出しているように見える。だがディズニーは、その世界をテーマパークで現実化することに力を注いでいる。その第1弾であり、最も期待されているのが、『スター・ウォーズ』のテーマパークである[編註:正式名称は「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」(Star Wars: Galaxy’s Egde)と発表された]。

2019年には、広さ14エーカー(約56,600平方メートル)の複合施設が、米国のディズニーランドとウォルト・ディズニー・ワールドにオープンする予定だ。来場者はミレニアムファルコンの操縦ができ、ファースト・オーダーとレジスタンスの戦いのまっただ中に身を置くことになるだろう。

7月中旬にアナハイムで行われたディズニーのファンイベント「D23 EXPO」で、同社はテーマパークの巨大模型を公開し、それがスター・ウォーズの世界で知られた世界ではあるものの、映画には登場しなかった場所であることを明らかにした。

来場者はチャルマンのカンティーナや反乱者たちの隠れ家を見つけ、そしてストームトルーパーたちを目にすることになるだろう。そしてすべての売店で、ブルー・ミルクが売られている。ここでは映画である『スター・ウォーズ』の世界観と、テーマパークでの現実体験が交差することになるのだ。

タンクトップ姿でサンダルをはいた観光客とストームトルーパーが混在する世界にどれだけ没入できるのか、そしてどれだけ魅力的な世界なのか、はたまた現実的なのかは、2019年になるまでわからない。だが確実だと思われるのは、これは始まりに過ぎない、ということだ。

1/2ページ

最終更新:7/20(木) 7:32
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。