ここから本文です

スマホで撮影した書類はテキスト検索できるPDFにする

7/20(木) 9:10配信

ライフハッカー[日本版]

『Adobe Scan』は、アドビがリリースした、紙の資料をPDFに変換するモバイルアプリです。「Adobe Document Cloud」のリニューアルに伴って無償で提供が開始されました。

【画像】スマホで撮影した書類はテキスト検索できるPDFにする

スマートフォンやタブレットを、ポータブルスキャナー化するアプリはこれまでにもいくつかリリースされていますが、『Adobe Scan』が注目されるのは、PDFの総本山アドビからのリリースであり、「Adobe Document Cloud」に対応しているからでしょう。

スマホをスキャナ化すると、領収書や名刺だけでなく、ホワイトボードやメモ、新聞記事や絵のデジタル化も簡単になります。

『Adobe Scan』はOCR(光学式文字認識)を搭載しているので、書類を撮影したり、既存の写真や画像を取り込むと、文字部分を自動的に認識してテキスト検索可能なPDFとして保管してくれます。これは強力な武器といってよいでしょう。撮影した書類から、文章をテキストとしてコピーしたり、書類内をキーワード検索したりできます。(とはいえレシートなどの文字を上手く認識できないこともあるのですが)

スキャンアプリに求められるのは、スピードと安定性。『Adobe Scan』はPDFの作成をモバイルファーストにすることを掲げているだけあって、いずれも申し分なく実現できています。

設定で「自動キャプチャ」をオンにしておけば、アプリの起動からシャッター操作なしに複数の書類を次々と撮影、書類部分を自動でトリミングし、PDF化してくれます。また、すでに撮影済みの写真から必要部分だけを切り抜いてPDF化することもできます。

アプリ自身は「PDF化する」ことに特化したシンプルなつくりで、データは「Adobe Document Cloud」で保存、共有して、活用できます。EverNoteなど他のアプリにデータを送ることも容易です。

『Adobe Scan』は紙などのリアル情報をデジタル化する入り口として、スマホにひとまずインストールしておくべきアプリといってもいいでしょう。


Adobe Scan app, scan documents to pdf|Adobe

ビッグ太

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

Yahoo!ニュースからのお知らせ