ここから本文です

TVアニメ最高傑作『プラネテス』オールナイト上映 ゲストに谷口悟朗、大河内一楼

7/20(木) 22:48配信

KAI-YOU.net

日本TVアニメーション史上最高傑作と名高い作品『プラネテス』のオールナイト一挙上映が8月11日(金・祝)に新宿ピカデリーにて行われる。

この上映は、8月11日から8月25日にかけて開催される「サンライズフェスティバル2017翔雲」内にて行われるもの。

ゲストには、監督をつとめた谷口悟朗さん、シリーズ構成の大河内一楼さん、ゆきのさつきさん(タナベ役)、檜山修之さん(チェンシン役)、倉田雅世さん(リュシー役)が名を連ねている。

知る人ぞ知る名作アニメ『プラネテス』とは?

『プラネテス』は、漫画家の幸村誠さんによる作品を原作としたTVアニメーション作品。宇宙のゴミ回収業者、通称・デブリ屋に従事する人々とその周辺の活躍と苦悩を描く。

2003年から2004年にかけてNHK BS2にて放送され、人間の真理を探る深いテーマ性と、リアリティに溢れた綿密な宇宙の描写と演出によって、高い評価を受け、日本のTVアニメーションの最高傑作とする人は少なくない。

2017年にもTwitterハッシュタグ「#NHKで夕方に再放送してほしいアニメ」でその名が頻出し、Twitter公式がモーメント機能によってまとめるという出来事もあった。

最新作から過去に人気作まで、サンライズ作品のアニメ作品を一挙上映する恒例イベント「サンライズフェスティバル」の一発目にふさわしい作品の上映だといえるだろう。

惜しくも、主役のハチマキ役をつとめた声優・田中一成さんは2016年に脳幹出血のため、この世を去ってしまっているが、当時のスタッフがこの作品をいかにとらえているか、滅多に聞くことのできないイベントとなりそうだ。

米村 智水

最終更新:7/20(木) 22:48
KAI-YOU.net