ここから本文です

キャサリン妃 鮮やかな赤のセクシードレスに皆が注目!

7/20(木) 22:10配信

25ansオンライン

ロイヤルツアー3日目の19日(水)。ドイツ訪問初日、最後のお仕事はガーデン パーティ! ポーランド同様こちらでも、エリザベス女王のお誕生日祝賀パーティが、ドイツ大使公邸にて開催されました。

【写真】キャサリン妃のセクシーなドレスの後ろ姿

このパーティの出席者は総勢約600人。もちろん、このためにお着替えをされたキャサリン妃は、真っ赤なドレスで登場!
「WOW!」という声が聞こえそうなほど、鮮やかな色のセクシーなドレスで、皆の注目を一身に集めました。
オフショルダーに大きめパフスリーブのロングドレスは、アレキサンダー・マックイーン。今季初夏アイテムで、もしやセール買い?という可能性も。
コットンとシルクシフォンの素材に、今年のトレンドであるフォークロアなニュアンスのドレスが、ソワレというよりは、サマードレスという感じのデザインが、むしろ、まさにこの時期のガーデンパーティにぴったりですね。
カラーも当然意味あり!ここで、ドイツフラッグカラーのお洋服が選ばれました。
そして、見えにくいですが、ピアスにも驚きのブランドが。赤いクリスタルのお花が縦に沢山ついたピアスは、シモーネ・ロシャ。アイルランド出身の、まさに旬な注目デザイナーですが、エッジと可愛さがミックスした、モードブランド。一見キャサリン妃っぽくはないですが、さすがの審美眼。このドレスにぴったりで、ちゃんとキャサリン妃スタイルになっていますね。ちなみに、約6~7cmくらいと思われますが、めずらしく長さのあるピアスです。
フルレングスではないので、チラリと覗く足元が重要。靴はベージュで控えめに。でも、スカラップのストラップが3つと推測される、ピンヒールが、シンプルながら、やはりワンアクセントで可愛いデザイン。先日初登場した、プラム色のものと色違いとも思われ、もしやまたまたキャサリン妃の大人買いかもしれません。

ツアーが始まってここまで、キャサリン妃のすべてのファッションが大好評! そんなウワサを耳にされているかどうかは「?」ですが、この日最後のお仕事、「乾杯!」の際には、ホッとして「これで最後!飲むわ!」なんて心境だったかも?

MIZUHO NISHIGUCHI

最終更新:7/20(木) 22:10
25ansオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヴァンサンカン

ハースト婦人画報社

2017年11月号
2017年9月28日発売

通常版:880円

『25ans』は、華やかで幸せな女性たちに、
今の時代のラグジュアリーを体験するための
インターナショナル・マガジンです。