ここから本文です

「いまどこまで懸命に生きるか」巨人三軍選手たちの生き様

7/20(木) 11:10配信

Wedge

 ペナントレースの前半戦最終日だった先週12日、ジャイアンツ球場へ巨人の三軍戦を見に行ってきた。ルートインBCリーグとの交流戦で、相手は今年参入した新球団・栃木ゴールデンブレーブス。両チーム22安打が飛び交う乱打戦の末、6-10で三軍が敗れている。「きょうは栃木の選手たちの気迫を感じた」と、川相昌弘監督が振り返った。

 「栃木はBCリーグでは前期最下位で、ウチと4試合で4連敗してたんですよ。だから、きょうは絶対勝つんだと必死になってましたね。大体、いずれNPBの球団でプレーしたいと思ってる選手ばかりだから。独立リーグのチームといえども、こっちがスキを見せたら嵩(かさ)にかかって攻め込んでくる」

 この日は関東で二軍の試合がなかったこともあり、ヤクルト、DeNA、オリックスなど各球団の編成担当が多数球場に集結していた。栃木の選手たちにすれば、少しでもプロの目にとまり、今秋のドラフトにかけてほしい、という思いもあったに違いない。

 一方、巨人三軍のメンバーは、二軍の控え選手や一軍の試合に出場できない育成選手がほとんど。支配下選手契約を勝ち取り、一軍ベンチ入りするには、こういう試合で首脳陣にアピールしなければならない。彼らをどう教育しているのか、川相監督が言う。

 「確かに、ここには一軍のようなホームランを打てるバッター、キレやスピードのある球を投げられるピッチャーはいません。それでも、何かいいところがあって、将来一軍で役に立つ可能性がある、と認められたからこそここにいるはずなんですよ。

 野手なら、長打が打てなくてもファウルで粘ったり、バントの構えで相手バッテリーを揺さぶったりはできる。四球を選んで、塁に出ることならできる。塁に出たら、リードを取ってプレッシャーをかける。スキを突いて盗塁する。勝利に貢献するため、いま自分にできることは何なのか、常にそういうことを考えてプレーしろと、選手に言っています」

 実際、三軍のチーム盗塁数は非常に多い。一軍が40個台にとどまっていた前半戦で、三軍では3倍以上の134個を記録。この日の栃木戦も、初回に先頭打者の新人・松原聖弥(育成ドラフト5位、明星大)が四球で出塁すると、二盗、三盗を立て続けに決め、続く川相拓也(3年目・桜美林大、川相監督の次男)のタイムリーヒットで先制した。

 その後も、この回に川相が三盗、2点目のタイムリーを打った青山誠(4年目、日大)も2盗。さらに三回にも得点にこそ結びつかなかったものの、北篤(11年目、日本ハムから移籍)、青山で重盗を成功させた。

 これで勝てば言うことはなかったのだが、この日は栃木の打線の破壊力が三軍投手陣を上回った。という以前に、投手陣が自滅したようなものだった。先発の與那原大剛(2年目、普天間)は3回4安打2失点と合格点の投球だったが、4回に登板した2番手のソリマン(2年目、ドミニカ)が先頭から四球を連発し、4四球2安打で5失点。3番手の巽大介(2年目、岩倉)も5回に先頭を四球で歩かせて1失点。さらに6回も先頭に四球を与えたため、川相監督が交代させた。

 「攻めていって打たれたのなら仕方がない。しかし、逃げて、かわして、歩かせてしまってはいけません。ストライクを投げろ。投げられないのなら、投げられるようになるまで練習しろ。自分に何が足りないのか考えろ。そう教えたつもりで交代させたんです。ソリマンや巽がわかってくれればいいんですが」

1/2ページ

最終更新:7/20(木) 11:10
Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2017年10月号
9月20日発売

定価500円(税込)

■特集  がん治療の落とし穴 「見える化」で質の向上を
・玉石混交のがん治療
・質を競い合う米国の病院
・効果不明瞭のまま際限なく提供される「免疫療法」の〝害〟