ここから本文です

「アフリカのがん治療」最前線──被ばくリスクに揺れる現場と「2つの選択肢」

7/20(木) 12:13配信

WIRED.jp

アフリカのガーナにある病院には、がん治療のために2種類の放射線治療装置が備えられている。ひとつはX線の扱いが簡単な通称「LINAC」。もう一方は放射線事故につながるリスクもあるテレコバルト装置だ。しかし、取り扱いが簡単だからといって前者だけを使うわけにはいかない、途上国ならではの事情があった。

ドローンが暴き出す、アフリカの「不平等」な風景

ガーナの首都アクラには、アフリカで3番目に大きい医療機関であるコール・ブー教育病院がある。この病院は、がん患者の治療用に2台の放射線治療装置を備えている。2台とも比較的新しく、ガーナの保健省がここ2~3年で購入したものだ。どちらの装置も強力なX線を照射し、皮膚を貫通して体内の腫瘍細胞を殺すことができる。患者はガーナ国内のみならず、国外からもこの装置での治療を受けるために病院を訪れる。

「ナイジェリアやトーゴ、コートジボワールなどの国からも患者が治療を受けにやってきます」と、病院のがん専門医ジョエル・ヤーニーは話す。

治療装置のうち1台は、複雑な構造の銅管の中で光速のエレクトロンがX線を生み出し、それを重金属のターゲットに衝突させる機械だ。これはリニアアクセラレーター、略して「LINAC」(ライナック)と呼ばれ、ヒッグス粒子を発見した大型ハドロン衝突型加速器の親戚ともいえる。

もう1台はテレコバルト装置として知られ、小さな容器内の銀色コバルト60が出すX線を放出し、放射線崩壊によりニッケルに変換する。医師はこれを患者のがん細胞に照射する。このアイソトープ治療は患者の命を救う。しかし一方では、チェルノブイリ原子力発電所事故や福島第一原子力発電所事故を除く、最も重大な放射線事故の原因ともなってきた。

60年以上も前に開発されたこの放射線物質を利用した装置は、がん治療の基本となった。いくつかのタイプではセシウム137と塩化セシウムの化合物を使うものもあるが、多くはコバルト60を使う。

アメリカの病院では40年ほど前から、X線の扱いがずっと簡単なLINACに取って変わられるようになった。「がん治療においては、すべてにおいてLINACのほうが優れてます。そのため、医師はテレコバルト装置よりLINACを使用したがるのです」と、ジェームズ・マーティン不拡散研究センターのマイルズ・ポンパーは説明する。

しかし途上国では、いまだにアイソトープ治療が主流だ。ガーナだけではなく、メキシコ、インド、中国、とリストは続く。国際的な核監視機関である国際原子力機関(IAEA)は、それぞれの国のアイソトープ治療機器を公共データベースで把握している。放射線物質が「間違った人」の手に渡ると恐ろしい結果を生むからだ。

1/2ページ

最終更新:7/20(木) 12:13
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc