ここから本文です

ブラピもガガ様も!元「ストリッパー」セレブ8人が語る経験談

2017/7/20(木) 22:00配信

コスモポリタン

アカデミー賞俳優や今をトキめくアノ人も!?真剣に生業にしていた人から、趣味を兼ねて楽しんでいた人まで。ストリッパー経験のあるセレブたちを、コスモポリタン イギリス版からお届け!

有名になる「前の職業」が意外なセレブ8人

クリス・プラット

俳優から今や『ジュラシック・ワールド』や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』などの二枚目俳優に見事転身したクリス。今年「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」で星を獲得した彼がストリッパーになった理由は「裸が好きだから」だそう。シ…シンプル!

「僕は裸族なんだ。とにかく裸でいることが好き。だから、『どうせなら金を稼ごう』と考えたんだ」。1度の仕事で40ドル(約4500円)ほどの収入を得たというクリスだけど、本格的なクラブでは雇ってもらえなかったそう。「1度オーディションには行ったことがあるんだけど、ダンスが下手だったんだろうね」とのこと。

レディー・ガガ

「私はウェイトレスよりもストリッパーとしての方が稼ぎがあったわ」というのは世界の歌姫ガガ様。

「あまり露出はしなかったのよ。バーレスクのダンサーだったの。私はヨーロッパ系だから、(イギリスが発祥のバーレスクを)怪しまなかったわ。それに、みすぼらしいと思われるようなことはしなかったの。父親には反対されてたけどね」

ブラッド・ピット

アカデミー賞俳優のブラピは大学生時代に友人とストリッパーのグループに入っていたそう。当時のブラピを元メンバーが語っている。

「メンバーの女兄弟の友人が21歳になったお祝いで、僕たちは真っ裸になって彼女のためにダンスを披露したんだ。女子たちは大笑いしてたよ。楽しかったな」

ブラック・チャイナ

カーダシアン家と親友になり、敵になり、婚約し、リベンジポルノの被害に遭うなど、目まぐるしい日々を送っているリアリティスターのブラック。彼女は昔、有名なストリップクラブで働いていたそう。

「もし有名になっていなければ、未だにストリッパーをしていると思うわ。だって、私は他に才能がないんだもの」と言うブラックだけど、ファッションブランドを立ち上げたりと起業家としても、リアリティスターとして成功。ストリッパーに戻ることはなさそう…!?

1/2ページ

最終更新:2017/7/20(木) 22:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。

コスモポリタンの前後の記事