ここから本文です

参拝で7年連続“億”が!当せん呼ぶ神社とゆかり売り場10

7/20(木) 11:02配信

女性自身

いよいよ今年も7月18日から、1等・前後賞合わせて7億円のサマージャンボが発売される。今回本誌が注目したのは、高額当せん実績がある「全国宝くじ当せん神社」。そこで当せん祈願した売り場から「億」が出ており、一般の人からの当せんお礼が届いている。そんな全国の「宝くじが当せんする神社」&ゆかり売り場を紹介。なかには参拝したら7年連続“億”当たりの売り場も!

■北海道・余市神社

余市は“良い地”とも書けることから、北海道内では金運パワースポットとして知られる。本殿内に貼られた多数のお礼報告の中には、札幌市在住の人から宝くじが高額当せんしたお礼も。

【ゆかり売り場】北海道・余市イオンチャンスセンター
'12年年末1等・前後賞6億円、'13年ドリーム1等1億円など。毎年、余市イオンチャンスセンターは余市神社で当せん祈願。

■福島県・大國魂神社

いわき市の人気宝くじ売り場「大黒屋デパート」('01年閉店)の屋上に祭られていたのが、地元・大國魂神社が分祀した大黒天。その縁から大國魂神社も「宝くじ御利益」で有名に。

【ゆかり売り場】福島県・平一町目宝くじセンター
閉店した「大黒屋デパート」の販売員たちが始めた売り場。大当たりが連続しており、直近では'16年年末1等・前後賞10億円。

■栃木県・鷲子山上神社

境内が栃木県と茨城県にまたがることで有名。鳥を祭神としていることから別名・フクロウ(不苦労)の神社と呼ばれ、金運に御利益。お礼参りにきた億当せん者が2人もいるとか。

【ゆかり売り場】栃木県・宝積寺バイパスチャンスセンター
ベテラン販売員が「宝くじ当せん祈願」で有名な鷲子山神社へお参りした直後に'14年サマー1等・前後賞6億円が。

■埼玉県・聖神社

日本で初めて自然銅が発見され、「和同開珎」が鋳造されたとされる地に立つ。地元では銭神様と呼ばれるお金儲けの縁起の神様だ。境内には宝くじ高額当せんお礼の報告が多数ある。

【ゆかり売り場】東京都・池袋東口西武線駅構内売り場
埼玉県秩父市とは西武池袋線でつながる。その縁で聖神社の存在を知り、鈴木洋平社長自ら参拝したところ、‘13年ドリーム1等1億円ほか高額当せんが続いている。

■東京都・芝大神宮

江戸時代から富くじ(いまの宝くじのルーツ)の当せん祈願で人気を博した元祖「宝くじ当せん神社」。邪気を払うとされる地元名産のしょうが飴を食べ、くじを購入するとさらに吉。

【ゆかり売り場】東京都・西銀座チャンスセンター
'16年年末1等・前後賞10億円も出た日本一有名な売り場。以前は銀座の八官神社にお参りしていたが、20年前に芝大神宮に合祀されたことから、今回のサマーもここで当せん祈願。

■岐阜県・出雲福徳神社

20年前、えびすと大黒の石像を地域の住民が寄進。像のおなかに触って宝くじを買うと当たると評判に。

【ゆかり売り場】岐阜県・平川たばこ店
これまでに22本の1等が出ている人気売り場。出雲福徳神社には10年前から毎年当せん祈願。‘12年ドリーム1等1億円、'13年グリーン1等・前後賞5.5億円ほか多数の御利益が。

■愛知県・山田天満宮金神社

名古屋市北区の山田天満宮内にある社。1746年、福徳円満、商売繁盛、金運招福の御加護を願って奉祀されたという。境内には宝くじ当せん報告の絵馬が数多く飾られる。

【ゆかり売り場】静岡県・鈴木たばこ店
'15年、'16年サマー連続1等を誇るJR静岡駅近くのたばこ店。'05年初めて金神社で当せん祈願したところ、同年年末1等から末等まですべてが出る快挙。以来お参りを欠かさない。

■奈良県・信貴山朝護孫子寺千手院銭亀堂

45年前、千手院貫主が修行中、夢枕に「銭亀善神」が立ち「手に入らないものを授けよう」と約束したことに由来し「銭亀善神」を祭る。金運に強く、境内にはお礼の手紙が数多い。

【ゆかり売り場】大阪府・磯上チャンスセンター
千手院銭亀堂の縁起物である張り子の寅を店頭に飾ったところ、'16年サマー1等・前後賞7億円が出て話題に。

■鳥取県・金持神社

古くから砂鉄の産地として知られ、鉄(かね)持ちに由来して、金持という地名がついたとされる。その地に立つ神社には名前の縁起のよさから、金運願掛けに多くの人が訪れる。

【ゆかり売り場】広島県・吉川たばこ店
広島県福山市で、'13年ドリーム1等1億円、年末1等・前後賞7億円が続けて出た奇跡のたばこ店。「昨年は2回お参りしてます」と店主の吉川勇さん。

■佐賀県・宝当神社

唐津湾に浮かぶ高島にある。'93年ごろ島おこしにと神社の名にちなみ「宝当袋」を作ったところ、宝くじを入れた人が大当たり。いまでは日本一有名な「宝くじ当せん神社」に。

【ゆかり売り場】愛知県・名鉄観光名駅地下支店
当せん実績が低迷していた'04年、意を決して売り場責任者がはるばる佐賀県まで参拝に。お札を店頭に飾ったところ、'04年年末1等・前後賞3億円から7年連続ジャンボ1等が出た。

ぜひあなたもお参りしてから購入してみては?

最終更新:7/20(木) 11:02
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2782号・7月11日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

ベンガル 妻が認めた朝加真由美との不倫
大地真央 夫が認めた結婚10年目の別居生活
松居一代 船越英一郎が怯えたGPS24時間監視