ここから本文です

世界的に消費が拡大するチキンが生んだ副産物

7/20(木) 19:30配信

WIRED.jp

牛肉に代表される「レッドミート」(red meat=赤い肉)と比較して、健康的な食肉として世界各国で重宝されている鶏肉だが、年間でどれくらいの数のニワトリが食用として処分されているかご存知だろうか?

「アマゾンがもたらす未来」を理解するための7本のストーリー

その数は、なんと500億羽にもおよぶ。今後もヘルシー志向と相まって「チキン重用」の傾向は強まる一方との予測もあり、いまから3年後の2020年には、ビーフやポークのみならず魚をも抜き去って、世界でもっとも消費されるたんぱく質源になるという統計もあるほどだ。つまり、将来的なチキン消費量は500億をはるかに超える数となっていくわけだ。

だが、そのチキン特需と並行して潜在的な問題が懸念されている。処分後に残る白い羽毛の活用方法だ。これまでにも、回路基板の材料や埋め立て造成の資材として、あるいは焼却炉の燃料やパウダー状に加工して飼料として使うといった利用法が考案されてきたが、莫大なチキン消費量を前に、効果的な羽毛の処理が難しくなる可能性も考えらえる。

そこでロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートとインペリアル・カレッジで学んだ2人、エレーナ・ディークマンとライアン・ロビンソンは、ニワトリの羽毛を家屋の断熱材として活用することを思いついた。もともとは、髪の毛にもふくまれるケラチンに注目したディークマンのアイデアだ。ケラチンは断熱効果があるだけでなく、軽量かつ撥水性を備え、さらには土壌中で生物分解する特性をもつ。当初は毛髪に着目していたが、量ではるかにしのぐニワトリの羽毛にスケーラブルな可能性を見出し、Aeropowderというスタートアップを立ち上げたのだ。

「断熱材に使用されるマテリアルの大半は、石油由来の合成物質です」と『Fast Company』のインタヴューに語るディークマン。「(従来の)断熱材は、エネルギー消費を低減し、CO2排出削減にも効果があるという意味で重要ですが、再利用不能でサステイナブルとはいえず、最終的には埋め立て地行きとなってしまいます」

ディークマンの試算によると、ニワトリ80匹の羽だけで、3m四方の壁を断熱できるという。2人の研究はまだ開発の途上にあるが、プロトタイプとして白色で軽量のレンガ状ブロックを試作している。

「現段階では、まだ研究開発を進めているところです。しかし飼料へ転換するよりもはるかに環境に優しく、高付加価値のプロダクトを開発する自信はあります」とディークマンは語る。

あなたの住まいがニワトリの羽でできた断熱材で覆われる日も、近いかもしれない。

SHOGO HAGIWARA

最終更新:7/20(木) 19:30
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。