ここから本文です

【京都観光】人気No.1の夏の風物詩!鴨川のおすすめ納涼床6選

7/20(木) 18:00配信

東京ウォーカー

京都の夏の風物詩といえば川床。涼しい川風と美しい夜の明かりを楽しみながら、職人が作るおいしい食事が味わえる川床はやっぱり体験したいナンバーワン。最近は、テーブル席の床も増えたので気軽に行ってみよう。<※情報は関西ウォーカー(2017年7月4日発売号)より>

先斗町歌舞練場の南隣、レンガ色の建物が川の緑に映える/先斗町 百練

【“納涼床”ってなに?】木屋町二条~五条間の鴨川沿いの料理店や茶屋などが夏の期間だけ設ける席のこと。鴨川納涼床(ゆか)と呼ぶ。9月30日(土)までの期間なら、いつでも納涼床が利用できる。ただし、7~8月は夜のみ、9月は昼の納涼床も楽しめる。

床が始まる初夏から晩夏にしか見ることのできないこのにぎわい。旬の料理や床の涼しさなど体験するなら今!

■ 三条大橋も一望の床は開放感いっぱい!

「先斗町 百練」は、錦市場の漬物店「高倉屋」がプロデュースする居酒屋。通常メニューが床でも注文OKで、店自慢の京漬物盛り合わせのほか、イベリコ豚やハモでちょい飲み、野菜たっぷりの「赤チリトリ鍋」(1人前1382円)でがっつりなど、誰と行っても楽しめる品ぞろえ。

先斗町歌舞練場の南隣、レンガ色の建物が川の緑に映える。鴨川を吹き抜ける川風も心地よく、目にも肌にも涼を満喫!

「イベリコ豚 ベジョタ セクレタ焼き」(手前左・1274円)、「ヌカ漬け」「京漬物盛り合わせ」(中左・各734円)、「湯豆腐」(中右・1人前1058円、写真は2人前)、「ハモの落とし」(手前右・1058円)。

床席はテーブル仕様。浴衣で行っても着崩れしにくく楽々。

■先斗町 百練<住所:京都市中京区先斗町通三条下ル橋下町133-1 エメラルド会館1F 電話:075-255-4755 時間:17:00~23:00(LO22:15) 休み:なし 席数:40席 駐車場:なし 交通:京阪三条駅より徒歩3分、または阪急河原町駅より徒歩5分 予算:4500円~ クレジットカード:可 席料:不要、お通し(324円) 予約可(予約が確実) ※コース料理(1人4298円~)の場合は2日前までに要予約 実施日:9月30まで>

■ 京野菜に生麩、湯葉、黒毛和牛と京食材を生かした贅沢会席コース

「先斗町 烹祥庵」は、京野菜や黒毛和牛など京の厳選食材を中心とした創作京料理が味わえる。床席料込みの京会席コースのほか、生麩や湯葉、豆腐など京都らしい一品料理も豊富にそろうので、コースでアラカルトでとシーンに合わせて楽しむことができる。

納涼床京会席コース(5940円、席料込み)。先付や鮮魚の造里、京野菜の焚合、黒毛和牛の陶板などを盛り込んだ全9品の贅沢コース(注文は2人~、120分制)。

「季節の前菜盛り合わせ」(2160円)。旬の京野菜や湯葉、ハモなどを盛り合わせた一品。お酒はもちろん、ワインとの相性も抜群。

「生麩田楽味噌焼き」(918円)。モチモチッとした食感の生麩に甘めの味噌がベストマッチ。お酒のアテにも好適。

鴨川と京都南座を眺めながら食事が楽しめる川床の席数は、約30席。

■先斗町 烹祥庵<住所:京都市中京区先斗町四条上ル鍋屋町227 紫光會館1F 電話:075-255-2635 時間:17:00~23:00(LO22:30) 休み:月曜 席数:20席 駐車場:なし 交通:阪急河原町駅、祇園四条駅より徒歩3分 予算:6000円~ クレジットカード:可 席料:1080円 予約:コース料理は前日22:00までに要予約>

■ 京風情と涼風が渡る隠れ家的川床で懐石を堪能

「がんこ 高瀬川二条苑」は、豪商・角倉了以別邸跡にある日本庭園、高瀬川源流庭苑を有し、東山の眺望と鴨川のせせらぎに包まれながら食事が楽しめる。川床料理は5940円から5種がそろい、贅沢感と特別感が味わえる絶好のロケーションで粋な京の夕べが堪能できる。

「ほおずき」(5940円、サービス料込み)。前菜箱、造り、冬瓜冷やし鉢、鮎塩焼きなど全7品。川床は17時~20時30分(LO)。飲み放題付き(7500円、サービス料込み)。

「自家製清酒 頑固一徹 純米大吟醸」(左・300ml1620円、右・720ml3456円)。

川床のなかで最北に位置し、左手に二条大橋が見える。席数は約60席。

■がんこ 高瀬川二条苑<住所:京都市中京区木屋町通二条下ル東生洲町484-6 電話:075-223-3456 時間:11:00~22:00(LO21:30) 休み:なし 料金::サービス料10% 席数:300席 駐車場:なし 交通:地下鉄京都市役所前駅より徒歩4分 予算:7000円~ クレジットカード:可 席料:不要 予約:予約がベター>

■ 東山連山を借景に優雅に床焼肉!

「京の焼肉処 弘 木屋町店」は、鴨川納涼床のなかで唯一焼肉が楽しめる店。川床専用コースは、葵、鴨川(6480円)、平安(7560円)の3種があり、コースで供される「床弁当」は、料理長こだわりの和牛と旬素材をギュッと詰め込んだ、床でしか味わえないスペシャルメニュー。

「納涼床コース(葵)」(5400円)。前菜 床弁当に、焼きしゃぶ九条ねぎ巻きなどの焼きもの、日替りデザートなどが付く(注文は2人~、写真はイメージ)

「薄切りカルビ」(950円、写真は2人前)。

三条大橋が一望できる床席は、約42席。開放感あふれる川床での焼肉は格別(17時~22時30分・LO)。

■京の焼肉処 弘 木屋町店<住所:京都市中京区木屋町通三条上ル上大阪町527 電話:075-213-5000 時間:17:00~24:00(LO23:00) 休み:なし 席数:170席 駐車場:なし 交通:地下鉄京都市役所前駅より徒歩3分 予算:6000円~ クレジットカード:可 席料:不要 予約:予約がベター>

■ 名物江戸前の鰻と京料理の共演

「先斗町 いづもや」は、1916年創業の、鰻と京料理の老舗。名物の蒲焼きは国産鰻を使い、創業から受け継がれた秘伝のタレで焼き上げる江戸焼き仕立て。川床では厳選された京野菜や鮮魚などを盛り込んだ京料理にミニ鰻丼が付いた懐石コース3種が味わえる。

納涼懐石「松」(6480円)。最後にミニ鰻丼が付く全10品のコース(写真はイメージ)。

「はもおとし」(1296円)。夏の京名物といえばコレ。身が白い花のように開き、見た目も涼やか。

床席は120席。利用は17時~21時(LO)。ガラス張りの店内は3階以上なら鴨川はもちろん大文字も望める。

■先斗町 いづもや<住所:京都市中京区先斗町四条通上ル柏屋町173-2 電話:075-211-2501 時間:11:30~22:00 休み:不定休 席数:170席 駐車場:なし 交通:京阪祇園四条駅より徒歩2分 予算:7000円~ クレジットカード:可 席料:不要 予約:予約がベター(8640円以上のコースは要予約)>

■ フランクな雰囲気で川床イタリアン

「アモーレ木屋町」は、イタリアでの修業経験のあるシェフが作る、ナポリ、シシリアなど南イタリア中心の料理が楽しめる。店内には大きな薪窯があり、ピッツァイオーロが焼き上げる、本格派ピザは抜群のおいしさだ。コースはもちろん、気軽にアラカルトも楽しめる。

「コースA」(6264円)。前菜の盛り合わせ、本日のピッツァ&パスタ、豚スペアリブの窯焼きなど全7品(注文は2人~、内容は月替り)。

「アマトリチャーナのパッケリ」(1598円)。

テラス感覚で利用できる床席は、32席。床席での食事は17時~19時30分と20時~の2部制で実施。

■アモーレ木屋町<住所:京都市下京区和泉屋町161 電話:075-708-7791 時間:11:30~23:00(LO22:00) 休み:なし 料金:チャージ378円(17:00~、コース料理除く) 駐車場:なし 交通:京阪祇園四条駅より徒歩分 予算:アラカルト(3000円~、コース7000円~) クレジットカード:可 席料:不要(ただし、アラカルト利用の場合は要チャージ378円) 予約:予約がベター>【関西ウォーカー編集部】

最終更新:7/20(木) 18:00
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

毎日食べたいパンを見つけよう
“したくなる”読書のススメ
美術館で「君の名は。」に再会
WEEKEND TRIP金沢