ここから本文です

KinKi&長瀬&井ノ原でユニット結成!?堂本光一、幻のグループ「ジパング」秘話語る

7/20(木) 11:44配信

ザテレビジョン

7月12日放送の「TOKIOカケル」(フジ系)のゲストは、今年でCDデビュー20周年を迎えるKinKi Kidsの堂本光一。長瀬智也も加入すると噂されていた幻のユニットについて、TOKIOの5人とトークを展開した。

長瀬はウワサを聞いた当時の様子を「嬉しかったっすね」と話した

1991年にジャニーズ事務所入りした頃、関西在住だった光一は土日になるとレッスンのため上京。

その後、1992年に堂本剛とともに「KANZAI BOYA」を結成し、光GENJIなどのバックダンサーを務めていた。

その当時、光一と剛、井ノ原快彦、そして長瀬の4人で新ユニットを結成する噂も流れていたとか。

その頃の状況を長瀬は「僕まだTOKIO入ってなかった」と振り返る。

新ユニットの名称は「ジパング」ということも耳にした長瀬は、「KinKi Kidsの2人とグループになるんだなって思っていた」と告白。

しかし結局は実現しなかった“新ユニット・ジパング”の真相について、今も首をかしげる長瀬に対して、光一は苦笑しながら「あれ噂だよ噂。ファンの子の噂」と説明する。

その時の気持ちを「(KinKi Kidsの2人と同じグループになるって)嬉しかった?」と国分太一に尋ねられ、長瀬は少し照れくさそうに「…嬉しかったっすね」と打ち明けた。

次回、7月26日(水)放送予定の「TOKIOカケル」のゲストは満島ひかり。

最終更新:7/20(木) 11:44
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)