ここから本文です

【関西のかき氷】マスカルポーネ、ベリーに豆花も!進化するスイーツかき氷5選

7/20(木) 15:00配信

東京ウォーカー

パティスリーが作るスイーツが、そのままかき氷になったかのような、スイーツ系かき氷。今年は使う素材も工夫をこらした、見た目もよりフォトジェニックになった新作がいっぱい!そんなスイーツ系かき氷おすすめ5選をご紹介!

【写真を見る】「台湾 豆花氷」(880円)。豆花は大豆から作る台湾の定番デザート/開元カフェ

■ 果肉感たっぷりのイチゴとマスカルポーネが引き立て合う

大阪・福島にある路地裏の古民家を改装した、落ち着いた雰囲気のカフェ「CAFE12 cafe twelve」が、今年かき氷カフェにリニューアル。旬のフルーツのおいしさを生かしたシロップやエスプーマソースを組み合わせたかき氷メニューがそろう。

「いちごフロマージュEP(エスプーマ)」(900円)。果肉感を残したイチゴシロップやマスカルポーネチーズを使ったソースに、ミルクエスプーマをたっぷりと重ねた人気メニュー。

木の温かみあふれる店内。夕方が狙い目だ。

■かき氷DATA/販売期間:通年 種類:約12種類(季節により異なる) 注文可能時間:営業時間内 温かいお茶:「紅茶」(350円)など 予約:不可

■CAFE12 cafe twelve<住所:大阪市福島区福島2-3-12 電話:06-6136-3670 時間:11:50~21:00 休み:なし 席数:16席 駐車場:なし 交通:JR新福島駅より徒歩5分>

■ インスタ映え抜群!ベリーたっぷりのかき氷

「Miss Berry by C’s Beaute」は、エステティックサロンがプロデュースするパティスリー。ここでは、ビタミンCやポリフェノールが豊富なベリー類をたっぷり使ったスイーツが評判。フォトジェニックなかき氷もオープン直後から人気が高い。

「ミスベリー」(1026円)。一番人気のかき氷。ラズベリー、ストロベリー、ブルーベリーを合わせたシロップとミルクシロップがたっぷり。<期間:11月中旬ごろまで>

店奥にある広々として明るいイートインスペース。店頭ではスイーツやギフトを販売している。

■かき氷DATA/販売期間:11月中旬ごろまで 種類:5、6種類 注文可能時間:営業時間中 温かいお茶:「コーヒー」(540円~) 予約:可

■Miss Berry by C’s Beaute<住所:大阪市西区南堀江3-12-24 電話:06-6538-1107 時間:10:30~21:00(LO20:30) 休み:木曜 席数:16席 駐車場:なし 交通:地下鉄西長堀駅より徒歩3分>

■ ミルク氷を包み込むフワッフワの綿ぼうし

「JAM」のかき氷は、粉雪のようにきめ細やかなミルク風味の氷に、濃厚なフルーツソースをかけて食べる新食感のかき氷。ソースはイチゴ、キウイ、マンゴーなど4種。さらに3種のトッピングと合わせて自由にアレンジ!

「イチゴソースwith綿あめ」(850円 ※ベース750円+トッピング100円)。ミルク氷の上に綿アメを帽子のようにトッピング。カラースプレーで彩られた器はパンで作られているので、かき氷と一緒にそのまま食べられる。<期間:通年>

店内はコンクリート打ちっぱなしの無機質な空間。

■かき氷DATA/販売期間:通年 種類:ベース4種類、トッピング3種類 注文可能時間:14:00~19:30、土日祝11:00~19:30 温かいお茶:ほうじ茶付き 予約:不可

■JAM<住所:大阪市北区中崎西4-1-7 グリーンシティ1F 電話:06-6292-8110 時間:11:00~20:00(LO19:30) 休み:なし 席数:19席 駐車場:なし 交通:地下鉄中崎町駅より徒歩3分>

■ 堂島ロールのクリームとさわやかなレモンが好相性

「サロン・ド・モンシェール本店~心斎橋~」は、堂島ロールで知られる「モンシェール」が手がける人気のサロン。今年は昨年も好評だったフルーツ系に加え、ティラミスやミルフィーユなど堂島ロールのクリームを使った新感覚のスタイルを提案する。

「レモンタルトのかき氷」(980円)。ハチミツ香るレモンシロップをかけ、シロップ漬けの輪切りレモンを飾り付け。器の底にはサクサクとした食感のシュクレが入り、タルト感いっぱい。<期間:9月15日(金)まで>

優雅なシャンデリアなど高級感あふれるサロン。

■かき氷DATA/販売期間:9月15日(金)まで(予定) 種類:5種類 注文可能時間:10:00~19:30 温かいお茶:コーヒー(600円)など 予約:平日のみ席予約可

■サロン・ド・モンシェール本店~心斎橋~<住所:大阪市中央区西心斎橋1-13-21 電話:06-6241-4499 時間:10:00~20:00 ※テイクアウト10:00~21:00 休み:不定休 席数:28席 駐車場:なし 交通:地下鉄心斎橋駅よりすぐ>

■ 手作り豆花とシロップでツルンとおいしい口当たりを

「開元カフェ」は、オープン5周年を迎える、靱公園の横のカフェ。台湾人スタッフが作る本場さながらのメニューは、かき氷も評判が高い。大豆がほんのり香る豆花は5~6時間かけて仕込む自家製で、黒ミツと好相性。

「台湾 豆花氷」(880円)。豆花は大豆から作る台湾の定番デザート。自家製の豆花やピーナツ、旬のフルーツなどをのせ、自家製の黒ミツで。生タピオカを茹でて使っているので食感も際立っている。<期間:通年>

大きな窓から靱公園が眺められる居心地のいい店内。さりげなくおしゃれな雰囲気が漂う。

■かき氷DATA/販売期間:通年 種類:8種類 注文可能時間:営業時間中 温かいお茶:「アッサム」(400円~)など 予約:不可

■開元カフェ<住所:大阪市西区靱本町2-2-23 センターコート前ビル1F 電話:06-6441-1622 時間:11:30~21:30(LO) 休み:木曜 席数:20席 駐車場:なし 交通:地下鉄本町駅より徒歩5分>

最終更新:7/20(木) 15:00
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

毎日食べたいパンを見つけよう
“したくなる”読書のススメ
美術館で「君の名は。」に再会
WEEKEND TRIP金沢