ここから本文です

教えて! 尚子先生カタール断交にはどのような意味があるのですか?

7/20(木) 16:00配信

ダイヤモンド・ザイ

 7月20日公開分を一部修正して、再公開しました(2017年7月21日)。

 突然発表された、サウジ・アラビア、UAE(アラブ首長国連邦)、バハレーン、エジプトの4カ国による「カタール断交」。私たちにはその区別すら難しい中東の湾岸諸国間で、いったい何が起きているのでしょうか。日本では珍しい女性の中東研究家として活躍する岩永尚子先生がわかりやすく説明します。

【詳細画像または表】

 先月(6月5日)、サウジ・アラビア(以下、「サウジ」と省略)、UAE(アラブ首長国連邦)、バハレーン、エジプトの4カ国が、カタールとの断交を発表しました。国家間の関係が悪化した場合は、通常なら「大使召還」→「断交」という順を経ます。ですが、今回の断交は、大使召還を飛ばした異例の状態で、外交関係はもちろんのこと、貿易や渡航も不可、飛行機の往来すらダメという厳しいものでした。

 ラマダン中であったにもかかわらず、カタールでは断交のために日用品や食料品が不足するのではないかと心配した人々がスーパーマーケットに殺到していました。レジには買いだめの長蛇の列ができており、こうした状況が日本でも報道されていました。今のところ、断交による値上げには、カタール政府が補助金を出すなどして対応しているようです。

 カタールといわれて、思いつくことがありますか?  サッカーファンなら、「ドーハの悲劇」といえば、「あぁ、ドーハはカタールだったな」と思いだされる方も多いでしょう。また、2022年のワールドカップもドーハでの開催(中東での初開催)が決定しています。

 それ以外では、カタールといわれても、何も思いつかないという人が圧倒的多数でしょう。ですが、実はカタールのものだと知らないだけ、というモノもあります。たとえば、アル・ジャジーラです。

 アル・ジャジーラはカタールの衛星放送で、アメリカの同時多発テロの際に、オサマ・ビン・ラーディンの声明を独占放送したことで一躍有名になりました。報道内容がテロリスト支援につながるとアメリカが批判したために、物議を醸したことも記憶に新しいかもしれません。アル・ジャジーラは知っていても、この放送局がカタールの放送局であることを知っているのは、おそらくアラブにかなり興味のある人だけでしょう。

1/4ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)