ここから本文です

30周年記念47都道府県ツアーそして新曲に込める思い――エレファントカシマシ宮本浩次インタビュー【前編】

7/20(木) 11:00配信

ダ・ヴィンチニュース

 現在“30周年イヤー”真っただ中のエレファントカシマシ。1988年のデビュー以来変わらぬ4人で活動を続ける孤高のロックバンドが、メンバー全員50代となった今、充実の時を迎えている。3月に発売した4レーベルをまたぐベスト盤は、バンドのキャリア史上初のオリコンデイリー1位を獲得。7月26日(水)には30周年記念シングル第1弾として『風と共に』が発売される。この曲はNHK『みんなのうた』6月~7月の新曲としてテレビ・ラジオで連日放送中だ。

 今春からは、これもバンド史上初の47都道府県ツアーを敢行。4月から12月までほぼ毎週土日に日本のどこかでコンサートを開くこと自体が、全力集中型のライブを厳選して行なってきたエレカシにとって異例中の異例だ。「47都道府県ツアーは悲願だった」と言うVo&G宮本浩次に、まずはツアー前半戦の近況から聞いた。

 「身体には充分気を付けながらツアーに臨んでいますが、おかげさまでコンサートが非常に調子がいいので、本当に充実した時間を過ごしています。コンサートのために、絶対に健康でいたいと思っているし、全てのサイクルがコンサートに向かっている。週に1回は必ず、例えばコンサートの前日にリハーサルをして、土日にコンサートをして。平日はプロモーションとかビデオの撮影とか“バンドの顔”としての仕事をしています。もう何年も前にタバコをやめたので当然吸わないし、喉に影響するからお酒も飲まない。ただテンションが高すぎて寝られない時があるので、自分でその辺をセーブするようにはしています」

 ハイテンションの状態から“自分を元に戻す”には。

 「毎日、腹筋背筋をすることと……それから車に乗るのもいい。例えばツアーへ出かける時に羽田空港に車をとめて、東京に戻ってきて車を運転しながら帰る道がすごく楽しい。もちろん飛ばすわけじゃないし、のんびり走るんですけど。久しぶりに、車に乗るのが至福の時間。本当は読書がいいんだろうけど」

1/4ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【表紙】乃木坂46
特集1:乃木坂46 結成7年、その言葉は誰のものか?
特集2:フツーになんて生きられない。大人のための恋愛マンガ 恋する私たちはちょっとおかしい