ここから本文です

精神疾患は、なぜ起こるのか?いま、心を生み出す脳の謎を解き明かす

7/21(金) 11:10配信

ライフハッカー[日本版]

うつ病などの精神疾患や認知症は、今後、現代人が向き合っていかなければいけない病の1つですが、いったいどのようなメカニズムで発現するのでしょうか? その解明に取り組んでいるのが、慶應義塾大学医学部生理学教室教授/同大医学部長である岡野栄之先生です。

【画像】精神疾患は、なぜ起こるのか?いま、心を生み出す脳の謎を解き明かす

世界各国でまさにリアルタイムで進んでいる、「脳の全容解明研究」の最前線に立つ岡野先生に、ヒトの心のありかについてお話を伺いました。

神経基盤をひもとけば「心」が解明できるのか

── 2010年度からの5年間、岡野先生率いる慶應義塾大学医学部チームは、理化学研究所、実験動物中央研究所(CIEA)との協働で、内閣府の「最先端研究開発支援プログラム」(FIRSTプログラム)として「心を生み出す神経基盤の遺伝学的解析の戦略的展開」に取り組まれました。この「心を生み出す神経基盤」とは、いったいどういう意味なのでしょうか?

岡野:昔から緊張したときに「心臓がドキドキする」と言っていたとおり、私たち人間は「心は心臓」にあると思っていました。これははるか昔、紀元前・ギリシア時代からのことです。一方、日本では「腹を割って話す」「腑に落ちない」など、心が「消化器系」にあるとも考えられていました。いずれにせよ、脳の神経系の機能が作用して、心臓をドキドキさせたり、消化器系の調子を変えたりしていることは、少なくとも20世紀以降、多くのエビデンスから、もはや疑いようもなくなっています。

そもそもヒトの大脳皮質には約1,000億個もの神経細胞があり、それら神経細胞をつなぐようにして神経回路が形成されています。では、これらの回路がどのように作用することで「心」を生み出しているのか? それを探るのが、2010年に始まった「FIRSTプログラム」でした。

具体的には、遺伝子改変技術により、ヒトの精神疾患とよく似た症状を示す生物モデルをつくり、病気の治療法や薬の開発に役立てていこうという研究です。多くの病気は遺伝と環境によって起こりますが、これまでにも行われてきた環境誘導型の生物モデルに加え、特定の精神疾患を引き起こす遺伝子を利用した遺伝子改変型の霊長類の生物モデルを導入することで、精神疾患の発現モデルを解明して行ける可能性が出て参りました。

後編「人間の脳はなぜ脆弱なのか?」(wapi.lifehacker.jp/redirect.php?rid=56934)に続きます。

精神疾患は、なぜ起こるのか?いま、心を生み出す脳の謎を解き明かす | Mugendai(無限大)


(ライフハッカー[日本版]編集部)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。