ここから本文です

小林祐希、待望のトップ下。「守備をこなして、あとは好き勝手にやる」

7/21(金) 8:05配信

webスポルティーバ

 オランダリーグで2年目を迎えるヘーレンフェーンのMF小林祐希は、7月18日にフォーレンダム(オランダ2部リーグ)とプレシーズンマッチを行なった。小林はトップ下を務め、16分に先制ゴールを挙げるなど随所で好プレーを披露。この日は78分間出場し、チームも3-1で勝利を収めた。

【写真】内田篤人、左サイドでテストされる。その結果は?

 小林はヘーレンフェーンに入団してからずっと「コネクティングMF」や「アンカー」といったポジションで、攻守に貢献することを求められ続けてきた。7月15日のNEC(オランダ2部リーグ)との練習試合でも、小林は「コネクティングMF」としてFWとのつなぎ役を担っていた。

 NEC戦のピッチでは、いたるところから「ユーキ!(スペースを消してくれ!)」「ユーキ!(俺にパスをくれ!)」「ユーキ!(前に出ていかないでくれ!)」「ユーキ!(そこへ走ってくれ!)」と、小林祐希の名前を叫ぶチームメイトの声が響き渡っていた。

「いったいこのチームには何人、小林祐希が必要なのだろう……」と私が思っていたら、「(要するに)全部やれ、ということなんです」と小林は言った。

 ところが、3日後のフォーレンダム戦では、「ユーキ!」「ユーキ!」の叫び声がほとんど消えた。

「(「ユーキ!」と叫ばれたのは)プレスバックするときぐらいでしたかね」(小林)

 これまで味方に使われ続けてきた小林は、トップ下のポジションを得たことで、己がイニシアチブを握ってプレーを選択できるようになったのだ。

 16分のゴールシーンは、フォーレンダムの攻撃をしのいだヘーレンフェーンが前方に残っていた小林にボールを預けたところからスタートした。カウンターの2次攻撃から小林が起点となり、左サイドバックのDFカネル・カヴランからクロスが上がる。そのこぼれ球をゴール正面の至近距離で小林が拾い、ワンフェイクを入れてから左足を振り抜いてゴール右隅に決めた。

 味方のクロスに対して2メートル近い巨漢のFWヘンク・フェールマンがニアに走り込み、その裏を小林が狙う――。ふたりはこの動きを何度もフォーレンダム戦で繰り返していた。オランダ1年目のときには、ほとんど見られなかった動きだ。そして、そのうちの1回が16分のゴールに結びついた。

 ゴールシーン以外にも、特筆したいプレーがこの日の小林には2度あった。ひとつ目は21分、右サイドバックのDFドーク・シュミットから右ウイングバックのFMマルティン・ウーデゴールにパスが渡り、その隙に小林がフェールマンを追い越して相手ディフェンダーの裏へと飛び出したフリーランだ。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
10月5日(木)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 いざ決戦のシーズン』
■オータムクラシック2017
■宇野昌磨、本田真凜ほか

Yahoo!ニュースからのお知らせ