ここから本文です

オレンジアクセントでアウトドア感強調! アウトランダー「ACTIVE GEAR」が登場

7/21(金) 17:30配信

WEB CARTOP

デリカD:5に続く「アクティブギア」第2弾

 4月に発売された特別仕様車「デリカD:5アクティブギア」に続く第2弾として、三菱のミドルサイズSUV「アウトランダー」にも「アクティブギア」が設定された。

アウトランダーACTIVE GEAR画像ギャラリー

「アクティブギア」は、内外装はブラックを基調としつつ、登山ロープやバックパックなどの本格的アウトドアギアに使用されるオレンジ色をアクセントに入れることでSUVらしさを強調し、アウトドア用品のギア感(道具感)を表現した特別仕様車。

「三菱アウトランダー・アクティブギア」は、予防安全技術「e-アシスト」を標準装備する「セーフティパッケージ」をベースに、オレンジ色のフォグランプベゼル、サイドドアガーニッシュ、ウインカー付電動格納式リモコンドアミラー、ACTIVE GEARテールゲートデカールを装着。

 さらに、18インチアルミホイールをブラックに、メーカーオプション設定のルーフレールを標準装備しつつカラーをシルバーからグロスブラックにカラーを変更した。ボディカラーはチタニウムグレーメタリック、ホワイトパール、ブラックマイカの全3色を設定している。

 室内に目を向けると、シートにはボーダーキルティングを立体的な形状として滑りにくくし、座面および背もたれにスエード調人工皮革「グランリュクス」を、背もたれ面上部とサポート部に昇降温抑制機能を持つ人工皮革「クオーレモジュレ」を用いた専用のものを採用。

 また、シート、ステアリングホイール、シフトノブ、メーターフード、ドアトリム、センターアームレストなどに、オレンジのアクセントを採用。インパネオーナメントにはオレンジの「ACTIVE GEAR」専用デカールを装着した。

 そして、カタログモデルではメーカーオプション設定のブラックプライウッド調パネルをインパネ&ドアトリムオーナメントパネルに、新規のピアノブラックのパネルをパワーウィンドウスイッチ部に採用。センターコンソールとドアトリムにも人工皮革を使用して質感をアップさせた。

 そのほか、メーカーオプションのスマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)と、マルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)を標準装備している。

 さらにディーラーオプションで、テールゲートスポイラー、ACTIVE GEARロゴアルミホイールデカール、フロアマット(ブラック&オレンジ)をセットにした「ACTIVE GEARコンプリートパッケージ」を専用アイテムとして設定した。 価格は2リッターFF車が289万5480円、2.4リッター4WD車が318万9240円。

遠藤正賢

最終更新:7/21(金) 17:30
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版