ここから本文です

蓮舫さんには共感するところもあるが、問題は別! --- 中田 宏

7/21(金) 16:31配信

アゴラ

7/18、民進党の蓮舫・代表が記者会見を行い自身の台湾との二重国籍問題について戸籍の一部を公表して説明しました。

蓮舫さんは
「これまで説明してきた通り」
と胸を張り、”間違いなく日本国籍であることが証明された”とは私も思います。

これまでの経緯は、昨年9月2日告示・9月15日投開票で行われた民進党代表選挙の際に
「二重国籍ではないか」
と疑問が呈され、代表就任後の10月7日に台湾籍を離脱する選択を宣言したと説明していて、今回の会見でこれを証明しました。

最初に指摘された民進党代表選挙の頃は
「台湾籍を離脱している」
と言ったり、
「1985年、自分は17歳で日本国籍を選択した時に父親が台湾籍を離脱させたと思っていた」
と言ってみたりと発言が二転三転したためどれが本当なのかとさらに疑問を持たれていましたが、今回、これらの後に台湾籍を離脱したことを証明しました。

現在は日本国籍のみであるとはスッキリしましたが、経緯は”胸を張”れるようなことではありません。

民進党(=旧民主党)は平成21(2009)年の政権交代で政権を担うことになり、蓮舫さんは平成22(2010)年に行政刷新担当大臣として入閣しています。すなわち閣議に出て国家の安全保障の機密情報などを共有する立場です。

二重国籍問題の根本は、日本とその国との間で利益が相反する可能性があることで、台湾は親日的な国ですが例えば尖閣諸島については「台湾の領土」と主張していて明らかに利益が相反してます。またそもそも蓮舫さんは平成16(2004)年から参議院議員で、この点でも二重国籍はダメでしょう。

ちなみに二重国籍関しては国籍法第十六条で『選択の宣言をした日本国民は、外国の国籍の離脱に努めなければならない。』とありますが、努力規定であって罰則はありません。
しかし蓮舫さん自身が今回の会見の冒頭で「私は民進党の代表・野党第一党の代表であるという立場、また政府を追及する立場であることを含めてこの会見を開いた」と言っていたように、道義上、政府や国会議員の一員として二重国籍の責任は免れません。

戸籍は極めて重要でプライベートな情報であり、蓮舫さん自身が昨日の会見で
「戸籍の公開を前例にすべきではない」
「人に強要すべきことではない」
と述べていましたが、全く同感です。

かくいう私も
「中田は北朝鮮の出身」
「いや韓国」
などの様々な馬鹿げた誹謗中傷を受けました。
特に選挙時はいろいろありますし、面倒でしたからブログで戸籍を公開しました。

“2014/12/07「衆議院選挙六日目「伝わると信じて」(http://nakada.net/blog/509)”

「本来、戸籍情報などは人に公表するものではない」
という考えには大いに共感します。

しかし今回、蓮舫さんの現在の日本国籍が証明されても、二重国籍のまま大臣を務めていたことについて「責任は取りません」で済むのかどうかはこれからの話でしょう。

“蓮舫さん「戸籍なんて公開するものでない」は共感。問題は別!(https://youtu.be/rNqgLASfgto)”


編集部より:この記事は、前横浜市長、前衆議院議員の中田宏氏の公式ブログ 2017年7月19日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちら(http://nakada.net/category/blog)をご覧ください。

中田 宏

最終更新:7/21(金) 16:31
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム