ここから本文です

NBAスターのアービングが初来日 3000人のファンに「インスピレーション」注入

7/21(金) 23:25配信

THE ANSWER

プロモーションツアーで日本へ、少年少女に自慢のテクニックを伝授

 NBAクリーブランド・キャバリアーズのカイリー・アービングが契約するスポンサーのプロモーションツアーで初来日。都内で交流イベント『CLUTCH BUCKET 東京』を開催し、ファンやプレーヤーと束の間のひと時を過ごした。

【写真】テニス界とバスケ界のスターが夢の共演…錦織が公式ツイッターで紹介したアービングとの貴重な2ショット

 世界トップクラスのスーパースター来日に東京が沸いた。

 アービングは2012年に新人王、14年にはNBAオールスターでMVPを受賞。2015-16シーズンには“キング”ことレブロン・ジェームズとともに優勝を果たすなど、リーグを代表するポイントガードとして名を馳せる選手だ。

 同イベントには限定3000人に対して2万人を超える応募があり、アービングを一目見ようとバスケットボールファンが詰めかけた。トークセッションで「みんなにインスピレーションを与えていきたい」と語ったアービングは、デモンストレーションで巧みなボールさばきや自慢のクイックネスを披露。さらに、クリニックでは一般参加の少年少女たちに1対1やピック&ロールのコツを伝授した。

「練習では常に集中すること。何か目標を立てて、それを達成することが大事だ。なかでも、僕はイマジネーションを大切にしている。グッドなプレーヤーとグレイトなプレーヤーを分けるのはメンタリティなんだ」

 子供の頃から準備を整えてきたと胸を張るアービングは、本番同様に練習に臨むことの重要性を説いた。

「日本に来られて良かった。僕のパフォーマンスを認めてくれて嬉しいと感謝」

 イベントの最後には一般参加者とチームを組み、折茂武彦(レバンガ北海道)、比江島慎(シーホース三河)、馬場雄大(アルバルク東京)、富樫勇樹(千葉ジェッツ)といった日本を代表する選手たちと対戦。31-33と2点ビハインドで迎えた残り24.4秒、アービングは同点を狙ったシュートが外れると、シーズンさながらの悔しがる様子を見せて会場を魅了した。

 初来日の感想を「日本に来られて良かった。みなさんが自分のことのように僕のパフォーマンスを認めてくれて嬉しい」と語ったアービング。前日には男子テニス選手の錦織圭(日清食品)ともスポンサーが同じ縁で対面を果たすなど、日本での時間を満喫したようだ。

 今後はさらに台北、北京とアジアツアーで回り、王座奪還を目指して来たる新シーズンに臨む。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:7/21(金) 23:44
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。