ここから本文です

キャプテン翼、イタリア放送開始31周年で特集 歴代の名手らも魅了した功績を称え反響

7/21(金) 18:22配信

Football ZONE web

「イタリア人のサッカーへの情熱を大きくした」と伊メディア

 日本で生まれた世界的なサッカー漫画「キャプテン翼」のアニメがイタリアで放送開始されてから31周年を迎え、イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が特集し、記事のコメントも大盛況となっている。

【動画】大迫の衝撃シュートミスも選出…「ブンデスリーガ珍プレーTop10」

「誰もが一度は『タイガーショット』を打ってみようとしただろう? 青空に飛んで翼くんのようにオーバーヘッドシュートを打とうとしただろう? 若島津くんのようにゴールポストを蹴ってセービングしようとしただろう?」と問いかける記事では、この「キャプテン翼」がイタリアに残した功績を称えている。

「我々の人生を変えたアニメは31年前にやってきた。日本から送られたアニメは子供たちの夢になり、イタリア人全てのサッカーへの情熱を大きくした。みんなで思い出を語ろうじゃないか」

 イタリアのサッカー選手でも、ユベントスで活躍した元イタリア代表FWアレッサンドロ・デルピエロ氏は日向小次郎の大ファンであることを公言している。昨季限りで引退した元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ氏には、イタリア代表の合宿中にオーバーヘッドキックをした時に、当時のキャプテンだったパオロ・マルディーニ氏に「翼くんのマネをしてるんじゃない」とたしなめられたというエピソードもある。元イタリア代表MFアンドレア・ピルロは、「三杉くんのおかげでオフサイドトラップを覚えた」と話したこともあった。

“推しキャラ”に対する熱いトークも

 そんな歴代の名手たちを魅了してきたように、イタリアでも大人気のキャプテン翼を題材にした記事はコメント欄も大きな反響を呼んでいる。

「ファンタスティック! 歴史上、最高のアニメだね」
「俺は三杉くんが好きなんだよ。心臓病と戦いながらサッカーを続けるところがね」
「日向くんはユベントスに来てくれたから好きだぜ」

 また、元ブラジル代表FWロナウジーニョが子供の頃に見て思ったのと同じ感想を持つコメントも見られた。アニメの中では、ドリブルを続けて地平線の向こうからゴールが見えてくる描写があるからだ

「すごく好きなんだけど、いまだにどれだけの広さのピッチでやっていたか疑問だ」
「ああ、最高だね。でも、ピッチの広さは尽きることがないね」

 魅力的なキャラクターの多さは、主人公の翼くん以外のファンも多く、“推しキャラ”に対する熱いトークも繰り広げられている。イタリアでのキャプテン翼人気は、31年前の上陸から衰えることなく続いている模様だ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/21(金) 18:22
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュースからのお知らせ