ここから本文です

鹿島戦でセビージャ大物新戦力がデビューへ! 指揮官と同僚の期待も大

7/21(金) 11:30配信

SOCCER DIGEST Web

恩師の下で捲土重来を期すアタッカー。

 来日中のセビージャは、7月17日にセレッソ大阪を3-1で撃破。ポゼッションで圧倒するスコア以上の完勝だった。22日には鹿島アントラーズ戦に臨むが、そのゲームではある大物新戦力が加わる。
 
 現地時間7月16日に移籍金900万ユーロ(約11億5200万円)で獲得が決定した、スペイン代表FWのノリートだ。エシハ、バルセロナ、ベンフィカ、グラナダを転々としたアタッカーは、13年夏に加入したセルタで大ブレイク。鋭い仕掛けからの正確なフィニッシュで3シーズン連続の二桁得点を挙げた。
 
 16年夏にはビッグクラブによる争奪戦となり、バルサ時代にも師事した同胞の名将ジョゼップ・グアルディオラの誘いに応じて、マンチェスター・Cに新天地を求めた。
 
 しかし、16-17シーズンは序盤戦こそレギュラー起用されてまずまずの結果を出したが、イングランドの生活環境に馴染めないこともあって徐々にフォームを崩す。中盤戦以降はベンチやスタンドから試合を観る時間が大半だった。
 
 そしてノリートは今夏に退団直訴。セルタ時代の恩師であるエドゥアルド・ベリッソが新監督に就任したセビージャと3年契約を結んだ。19日に来日してチームに合流し、20日には初トレーニングをこなしている。
 
 加入決定の翌日だったC大阪戦後には、報道陣からノリートに関する質問も飛び、「オフェンスで高い能力を持っており、チームに色々な動きを加えられると思う」(ベリッソ監督)、「外でも中でもプレーできる素晴らしいクオリティーの持ち主。僕たちの大きな助けとなってくれるだろう」(ガンソ)、「言うまでもなく素晴らしい選手。次の試合(鹿島戦)で彼を加えられることは、僕たちにとって重要だ」(ルイス・ムリエル)と各々が大きな期待を寄せた。
 
 ノリートは移籍決定前にマンチェスター・Cでトレーニングを積んでおり、セビージャ合流から間もないとはいえ、鹿島戦でも先発か途中出場でチャンスが与えられる可能性が高い。イングランドで挫折を味わい、母国スペインで捲土重来を期すアタッカーの新天地デビューに要注目だ。
 
取材・文:白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)
 

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち

最終更新:7/21(金) 11:30
SOCCER DIGEST Web