ここから本文です

米倉涼子、遺伝子からパーフェクトだった!肥満遺伝子が1種類のみ

7/21(金) 11:49配信

ザテレビジョン

7月20日(木)放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)に、米倉涼子が登場。米倉が、遺伝子レベルから太りにくい体質であることが明らかになった。

【写真を見る】超ミニスカで美脚披露の米倉涼子

番組では、肉好きで知られる米倉が、今一番美味しい肉情報を熱望。

肉マイスター・田辺晋太郎推薦の「けんしろう」(東京都港区西麻布)が供する高森和牛シャトーブリアンや、食通としても知られるホフディラン・小宮山雄飛推薦の「よろにく」(東京都港区南青山)が供する常連限定裏メニュー“シルクロースのお茶漬け”、そして長嶋一茂が5時間かけて仕込んだ長嶋家直伝“近江牛シャトーブリアンのにんにく蒸し焼き”を用意。

米倉は数々の逸品に感動の声を上げたが、長嶋自身が食べたいからと持参した長嶋家常連の「鳥えい(※「えい」の字は金偏に英)」(東京都大田区田園調布)が供する鶏つくねに「ホクホクのジャガイモを食べている印象。すごいおいしい!」と衝撃を受けたようす。「羽根みたいなやつとか…」「むき出しっぽいのがダメ」といった言葉が出てしまうほど、鶏肉の見た目が苦手な米倉が革命的とほめたたえた極上のつくねに、客席から羨望の声が上がった。

続いて、ほぼ毎日肉を食べるほどの大食漢でありながら、米倉がなぜ美しい体型を維持できるのかを探るべく、肥満関連遺伝子検査を実施。

糖質や脂質、蛋白質の代謝が苦手、過食傾向、糖質を吸収しやすい、体脂肪が燃焼しにくいなど、肥満遺伝子のタイプは全部で6種類あり、モデルでも2~3種該当するというが、米倉は脂質代謝の苦手な肥満遺伝子のみが該当。

この検査結果には米倉も覚えがあるようで、糖質制限に加えて、体脂肪として蓄積されにくい中鎖脂肪酸で構成されるオイルを適量飲む“オイルダイエット”に昨年挑戦したものの、逆に3~4kg太ってしまったことを告白。

糖質を分解しやすい体質の米倉には朝バナナダイエットが効果的で、ビタミンB群の摂取に心掛け、卵や納豆を食べるよう専門家がアドバイス。ところが米倉は「バナナが食べれないんです…」と下を向いたが、有吉が「朝つくねはない?朝つくねダイエット(笑)」と助け船を出してスタジオを沸かせた。

次回は7月27日(木)夜9:57より放送予定。ゲストはKinKi Kidsと大竹しのぶが登場する。

最終更新:7/21(金) 11:49
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ