ここから本文です

なぜ「台湾のなかの日本」が映画になるのか - 野嶋剛 中華最前線

7/21(金) 16:43配信

ニューズウィーク日本版

<「台湾のなかの日本」と「日本のなかの台湾」が最近、日本と台湾のドキュメンタリー映画で1つのトレンドになっている。台湾と日本でヒットした『湾生回家』などに続き、酒井充子監督『台湾萬歲』、黄インイク監督『海の彼方』がこの夏、順次日本でも公開される>

最近、日本と台湾のドキュメンタリー映画には、はっきりした1つのトレンドがある。それは「台湾のなかの日本」や「日本のなかの台湾」を発掘する作品が増えていることである。

7月22日から都内などで公開される酒井充子監督の『台湾萬歲』や、8月公開の台湾の黄インイク監督による『海の彼方』(原題:海的彼端)もまた、そんな「他者のなかにある自分」を取り上げようとした作品である。

発想としては、必ずしも意外性のあるテーマ選定とはいえない。だからこそなおさら撮り手のアイデア、視点、素材の選択が問われることになる。そして、両作はそのハードルをクリアしたクオリティの作品である。

台湾東部の漁港で「変わらない台湾」を撮った『台湾萬歲』

(『台湾萬歲』予告編)


『台湾萬歲』は、酒井監督にとっては『台湾人生』『台湾アイデンティティ』に続く、足掛け15年をかけて完成させた3部作の最終編となる。

酒井監督は、対象者に寄り添ったインタビューによって重い言葉を引き出し、対象者の人生を油絵の肖像画のように重厚に描き出す。3部作以外の酒井監督の作品『空を拓く~建築家・郭茂林という男~』や『ふたつの祖国、ひとつの愛~イ・ジュンソプの妻~』でも十分に生かされている手法だ。

『台湾人生』では、台湾の日本語世代の切ない思いをすくい上げ、『台湾アイデンティティ』では、日本統治から国民党統治に至る時代の波に翻弄された人々の人生を描き出した。ただ、この『台湾萬歲』には、前2作のような悲壮感はあまり感じられない。むしろ、台湾という土地で何があってもたくましく生きる登場人物たちの前向きな言葉に励まされる内容だ。

酒井監督は、こう語る。

「これまでは時代に翻弄された台湾人を撮ってきましたが、今回は『変わらない台湾』を撮っています。いろいろな歴史を経ながら、しっかりと台湾を支えてきた人たちを、台湾の大地と一緒に作品のなかで描きたかった」

舞台は、日本時代に伝わった「突きん棒」を使ったカジキ漁や先住民伝来の狩猟生活が営まれる台湾東部・台東の成功鎮。もともと先住民のブヌン族やアミ族が暮らした地域で、日本時代に開かれた成功漁港はかつて「新港漁港」と呼ばれた。遠洋漁業では台湾東部最大の漁業基地であり、漁港から放射状に街並みが広がって、特産の鰹節や干した魚介類を売る店が軒を並べる。先住民社会の土台に、日本人と漢人の文化が折り重なるように広がって生まれた街である。

清朝、日本、国民党などのさまざまな政権の元にありながら、それらを吸収して自らの伝統とミックスさせながら、たくましく生き抜く台湾の人々の原型を、酒井監督は成功漁港に生き残ったカジキ漁に見出そうとしている。

【参考記事】台湾映画『太陽の子』と、台湾の「奪われた者」たち



石垣島に暮らす台湾人3世代を取り上げた『海の彼方』

(『海の彼方』予告編)


一方、『海の彼方』で扱われるのは、沖縄の八重山諸島の石垣島に暮らす台湾人たちの物語だ。八重山の台湾人については沖縄出身の記者・松田良孝の『八重山の台湾人』(南山舎)という好著があるが、台湾において八重山の台湾人を取り上げた映像作品は初めてのことだ。台湾の若手監督の黄氏は石垣島に暮らす玉木一家の3代にわたる生活史をメーンに取り上げている。

日本統治時代、台湾から農業移民が生活の糧を求めて八重山諸島に渡った。当時の台湾も沖縄も同じ「日本」であり、国境はなく、壁は低かった。彼らは差別や劣悪な農業の環境のなかでも歯を食いしばって家族の血をつないでいく。

酒井監督とは対照的に、黄監督にとっては「八重山の台湾人」3部作の1作目となるという。目指すのは、日本と台湾の境界であり、日本時代には台湾にとって最も近い「本土」だった八重山に生きる台湾人の人生を探し出すことだ。次作では西表島の台湾人鉱夫を取り上げようとしている。

黄監督は「すでに3代目になると、彼らも台湾との繫がりを忘れかけており、言葉も戦後台湾に入ってきた北京語は使えず、片言の台湾語と日本語しか話せない。台湾でも、沖縄に台湾をルーツにする人々が暮らしていることはほとんど知られていなかった。映画を通して、こうした隠された歴史を知ることで、日台の文化交流がさらに深まることを期待している」と話している。

『海の彼方』より ©2016 Moolin Films, Ltd.

お互いの社会になお息づいている「内なる他者」

このような「台湾のなかの日本」と「日本のなかの台湾」というテーマは、近年の日台の映像文化でホットなトレンドになっている。

魏徳聖監督の『海角七号――君想う、国境の南』『KANO 1931海の向こうの甲子園』なども含めて、特に台湾では「日本」が映画における1つのテーマとなった。台湾で大ヒットし、今年日本でも公開されたドキュメンタリー『湾生回家』は、台湾で生まれ育った日本人である「湾生」たちが1945年の敗戦を境に日本に戻ることになり、戦後の日本社会で台湾への思いを抱えて生きていく切なさを描き出した。

一方、日本でもドキュメンタリー監督である林雅行氏が湾生を取り上げた新作『心の故郷~ある湾生の歩んできた道~』が年内にも公開される予定になっている。日台混血の作家、一青妙さんによる家族のエッセイを映画化した『ママ、ごはんまだ?』も日本と台湾で今年公開された。

戦後70年を経て、日本や台湾の映画人たちが、それぞれのなかにある「日本」や「台湾」を掘り起こそうとしているのは興味深い現象だ。

その理由の1つは、「失われた自らの断片」を確かめたい、という心理が、戦後70年を経て、我々の間に強まっていることだろう。

【参考記事】台湾生まれの日本人「湾生」を知っていますか



戦後の日本社会では、台湾を接収した中華民国がすぐに大陸を喪失したため、台湾は国際政治の間に落ちたような忘れられた存在になり、日本の台湾統治があたかも「なかったこと」であるかのように言及されなくなった。戦後日本の主流の価値観でもあった植民地=悪という歴史観のなかで、台湾における日本人と台湾人の交流といったテーマはタブーに近いものだった。

台湾でも、中華民国の抗日戦争の「勝者」という立場から、日本の台湾統治は全否定される歴史観が主流となり、国民党の一党専制下では、日台交流や日本と台湾の絆といったテーマが表立って扱われる余地はなかった。

それが台湾の民主化、日本での台湾ブームなどの要素があいまって、閉じられていたフタが開かれた形である。お互いの社会になお息づいている「内なる他者」である日本、あるいは「内なる他者」である台湾を取り上げるという作業が相次いでいるのは、日台の埋もれた歴史の再発見を求めている潮流とみることができるだろう。

もちろん個々の監督たちはそうした意識があるとは限らないが、そうした日台史の再評価という視点から、この夏に『台湾萬歲』や『海の彼方』を見てみることも、1つの楽しみ方ではないだろうか。

『海の彼方』の黄インイク監督(左)と『台湾萬歳』の酒井充子監督 Photo: Tsuyoshi Nojima

【参考記事】自転車の旅が台湾で政治的・社会的な意味を持つ理由

●『台湾萬歳』
7月22日よりポレポレ東中野にて公開ほか全国順次
公式サイト:taiwan-banzai.com

●『海の彼方』
8月12日よりポレポレ東中野ほか全国順次ロードショー
公式サイト:www.uminokanata.com


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル! ご登録(無料)はこちらから=>>

野嶋剛

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2017-10・24号
10/17発売

460円(税込)

他の日本のメディアにはない深い追求、
グローバルな視点。
「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。