ここから本文です

本命になりたいのに…!遊ばれる女性がやっている行動3つ

7/21(金) 8:50配信

女子SPA!

 催眠心理療法士×占い師の相川葵です。

 誰かの本命彼女になりたい、大事に扱われたいのに、いつも遊ばれてばかりで本命になれない! このような女性の悩みは、珍しいことではありません。恋に悩むたくさんの人にカウンセリングしていると、遊ばれる女性の多くが取っている行動があることがわかってきました。

 今回は、遊ばれる女性がやりがちな行動をご紹介します。

◆一度デートをした男性に、毎日連絡してしまう

 付き合う前のデートは男女間でよく行われるものです。

 デートもナシで、かたくなに告白を待っている女性は、なかなか良縁に恵まれない……という現実もあるわけで、筆者としては付き合う前のデートは推奨しています。

 でもそれは、あくまでも「付き合っていない」状態であることを忘れてはいけません。

 一度デートに行ったからといって、毎日こまめに連絡をしたり、相手からの連絡を求めたりしていると、デートは重ねてもなぜか告白がなく、ズルズルとした関係が続くことになりがちです。

 このような女性はやや男性依存、恋愛依存の傾向があって、少しでも親しくなった男性に振り回されます。最初は本気でデートに誘った男性も、すぐに飽きたり嫌になったり。でも、キープとして取っておける女性として、便利に使われてしまうのです。

◆なんでも鵜呑みにしてしまい、勘がよくない

 相手の男性が言うことに限らず、他の人が言うこともなんでも鵜呑み(うのみ)にして信じ込む女性は、遊ばれやすい女性です。たとえば、彼からすると、「仕事だから会えない」と言って他の女性と会っていてもいっこうに疑われない。それなら既婚男性でも平気で交際できてしまいますよね。

 鵜呑みにするということは言い方を変えれば、「勘が良くない」ということです。

 男性からすると、冗談でウソをついても、ピシっと「そんなわけないでしょ」と突っ込まれると、「見抜かれた!」と気持ちが引き締まると同時に、「わかってくれてるな」と安心感も抱くのです。

 一方で、小さな冗談から大きなウソまでなんでも信じられてしまうと、「自分のことを何もわかってない女性」と思ってしまう。そんな男性には浮気をされたり、それどころか自分のほうが浮気相手だった、ということさえあるでしょう。

 彼の言うことはよく観察し、怪しいものはスルーせずに「それ本当?」と言う勇気を持ちましょう。

◆自分の恋愛遍歴を、男性にもやたらと話してしまう

 彼氏にはエチケットとして、元彼のことをなかなか話さないものかもしれませんが、それでは、彼氏未満の男友達に対してはどうでしょうか?

 過去の恋愛には、面白い話が潜んでいるものです。ちょっとおかしかったことや、ひどい話は、失恋の傷が癒えた後に笑い話として他人に話す女性もいるでしょう。

 でも、そういったことは女子だけの夜会で暴露するにとどめるのがおすすめ。

 まだ付き合っていない男性に対して、過去に「こんなことがあったの。あ、こんなこともあった!」と開けっぴろげにするのは、「そんなに経験があるんだったら、遊んでもいいよね」と思われてしまうでしょう。

 女子同士での話の内容と、そこに男性がいるときの話の内容は意図的に変える必要があります。たとえ彼氏になる相手であっても、すべてをおおっぴらに話す必要はないのです。

<TEXT/相川葵>

【相川葵】

米国催眠協会認定ヒプノセラピスト、(財)日本催眠術協会会員催眠術師。「LINEトーク占い」で占い師としても活動し、多くの恋愛相談にのっている。 @aoi54522997

女子SPA!

最終更新:7/21(金) 8:50
女子SPA!