ここから本文です

チームを救ったロッテ・涌井秀章の思い

7/22(土) 11:50配信

週刊ベースボールONLINE

 劇的に連敗を止めた。涌井秀章に白星こそ付かなかったが、間違いなくその勝利はエースの姿がもたらしたものだった。

 8連敗で迎えた5月19日、本拠地ZOZOマリンでの楽天戦。初回から気迫みなぎる投球を続けた。3対2と1点リードの9回も志願登板したが、一死から同点とされ、9回139球でマウンドを降りた。

「勝ちに対するものが何人かに伝わってくれるかなと思って9回もいった」と振り返った涌井。もちろんその思いは野手にも伝わっていた。延長10回にサヨナラ打を放ちヒーローになった根元は、「やはりエース。連敗を止めるのは涌井しかいないと思った。今日の涌井は本当に気合が入っていた」と自分よりも右腕を称えた。

 5月12日の日本ハム戦(東京ドーム)ではパ・リーグワーストの1試合6被弾の屈辱にまみれた。連敗が伸びたことに、自身の責任も感じていた。伊東勤監督には「どういう状況であれ、チームを救うのがエースの宿命だ」と言われた。さまざまな思いをマウンドで表し、チームに伝播した。

 この試合を見た投手陣も奮い立った。二木康太が「涌井さんのピッチングを見て、投手陣で何も思わなかった人はいないと思う」と話せば、リリーフ陣最年長の大谷智久も「それぞれが感じるものがあった」と言った。そこからの3連戦で11カードぶりの勝ち越しを遂げたのも、初戦のエースの力投があったからだろう。伊東政権ワーストの8連敗と窮地だったチームを救った、好ゲームだった。

写真=高原由佳

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)

2017プレーヤーズ完全ファイル
[特別対談]坂本勇人×立浪和義
[特集]野球人たちのターニングポイント

週刊ベースボールONLINEの前後の記事