ここから本文です

不倫と長時間労働はつながっている<夫婦関係がうまくいく生き方、働き方>

7/22(土) 6:01配信

幻冬舎plus

今尾 朝子
宇都 直也
おおた としまさ

 セックスレス、産後クライシス、家事ハラ、夫婦喧嘩……。これらを単に「悪いもの」として嫌って避けるだけでは、夫婦関係はうまくいきません。逆に、どのみち通らなければならない「成長痛」と捉えてうまく経験していけば、成熟した関係をつくることができるのではないでしょうか。
そんな夫婦論が展開されたのが、育児・教育ジャーナリスト・おおたとしまささんの最新刊『〈喧嘩とセックス〉夫婦のお作法』(イースト新書)です。
おおたさんが、30代向け女性誌「VERY」編集長の今尾朝子さんと、父親のための育児雑誌「FQ JAPAN」編集長の宇都直也さんをゲストに迎え、「夫婦クライシス」をどうのり超えるか、そして、お互いにどう気持ちよく自由に生き、働いていくかについて一緒に考えたイベント模様を、前編・後編に分けてお届けします。(2017年5月19日、本屋B&B)


「家事ハラ」問題は『VERY』にひっかからなかった
 おおた もう一つ、私の本『〈喧嘩とセックス〉夫婦のお作法』の中で一つの章を割いているテーマがこちらです。2014年、「産後クライシス」の言葉が流行った翌年に公開された動画を見てみたいと思います。

 おおた これはかなり話題になったCMでしたけども、『VERY』ではどんなふうに反応でしたか? 

 今尾 すみません、これは『VERY』ではあまりひっかからなかったんです。『VERY』の編集者は15人ぐらいおりまして、毎回1号を作るのに20人ぐらいフリーランスのママライターさんたちに関わっていただいているんですけれども、それこそ「産後クライシス」はすごく話題になったのですが、「家事ハラ」はそんなに話題にならなかった。だから企画にしなかったんですね。

 なぜだろうと思ったんですが、ママは「言っている側」なので気持ちいいわけだし、「別にそれがなにが問題なんだろう」と思ったのかなと。

 もう少し詳しく言うと、『VERY』世代はまだ若いというか、第一子・第二子を育てている真っ盛りで、ちょっと聞いてみると、「こういうふうに言うのはもうちょっと上のズケズケ言うご夫婦じゃない?」って。『VERY』世代は若い世代のご夫婦が多いので、奥さんも最初からあんな言い方をしたら嫌がられるのをわかっているし、「旦那さんは褒めて育てる」みたいに世の中で言われているのを知っているし、だからそんなに話題にならなかったのではないかなと。

 個人的には面白いと感じますし、そんなに炎上するほどなのかなと思ったんですけど、実際には逆のことも旦那さんから言われますよね。「これ(食事)まずくない?」みたいな。正直に言われることは、お互い様ではないかなと思います。ちょっとウィットにとんだというか、嫌味だっただけなので、「たまにはそんな気分になるときだってあるよ」というのが女性側の言い分かなと、個人的な意見ですけど思いました。

 おおた なるほど。宇都さんは逆の立場で、産後クライシスのときはそんなにひっかからなかったわけですが、このときは? 

 宇都 この炎上はちょっと違う盛り上がり方で、「家事ハラ」という言葉が誤った使い方だということでしたよね。

 おおた それもありましたね。解説すると、ヘーベルハウス(旭化成)さんが、家事をやって頑張ったパパをディスることを「家事ハラスメント」というふうに打ち出したところ、もともと『家事労働ハラスメント』という本を出している社会学者の竹信三恵子さんが、「自分としては別の意味で使っていたのに、それをほぼ真逆の意味で使われた」ということを訴え、旭化成さんに乗り込みました。

 これは二つの意味で炎上しています。そもそも女性の側から非難の声が上がったのは、確かに映像としては面白いしクオリティ的にもよくできているけれど、映像の中のテキストでは人のせいにしてしまっていて、「そういうふうに思いたくなる気持ちはあるんだけれど、それって言っちゃいけないことだよね」ということを表現してしまったところで、やっぱり着地がまずかったのかなという感じがします。

 宇都 『FQ JAPAN』の場合は、結構ドンピシャな感じなんですよ。アンケートを見ていても、家事はするけども得意じゃないパパが多いです。なので『FQ JAPAN』としてはお父さんにまず家事を楽しんでもらおうとグッズ紹介などを切り口にしています。慣れないお父さんがダイソンを持っていつもと違う掃除をして……、という場面に遭遇したら、家事スキルが低かったとしても、ぜひお父さんをなるべく優しい感じで見守ってほしいなという気はします。

1/6ページ

最終更新:7/22(土) 6:01
幻冬舎plus