ここから本文です

ミランCEO、新FW補強は「仕上げのチェリー」 名前の挙がっていない“ミスターX”も示唆

7/22(土) 6:50配信

Football ZONE web

伊紙のインタビューに応じたファッソーネCEO、新ストライカー獲得の動き認める

 今夏の移籍市場で大補強を展開して話題を集めているACミランのマルコ・ファッソーネCEOは、仕上げのストライカー補強に「ミスターXかもしれない」と明かしている。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」のインタビューに応じた。

【写真】パチューカ移籍の本田が新戦力のなかで“センター”に君臨! クラブ公開の垂れ幕でビッグネームの配置

 ミランはドルトムントのエースFWピエール=エメリク・オーバメヤン、レアル・マドリードのスペイン代表FWアルバロ・モラタをビッグネームのストライカー候補に挙げていたが、前者はチーム残留が濃厚になり、後者はチェルシーへの移籍が合意に達した。

 残る候補としてトリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ、フィオレンティーナのFWニコラ・カリニッチが挙げられ、すでにマッシミリアーノ・ミラベリSDも現地メディアに対して「そのための仕事を続けている」と、獲得への動きが続いていることを認めている。

 しかし、ファッソーネCEOは「予算の問題は小さなこと」として、昨季終盤に中国資本に株式売却して得られたチャイナ・マネーが、ストライカー獲得に関しては追加予算として承認されている現状を認めている。そして、新ストライカーの候補は現在メディアに出ていない選手の可能性もあると示唆した。

ミランCEOの頭の中にあるミスターXとは

「誰が放出になるかも含めて決まることであり、我々は慌ててはいない。すでに良いチームが作れている。ただ、仕上げのチェリーを欠いているんだ。それは、これまでに名前の挙がっていない“ミスターX”かもしれないよ」

 デザートの上に乗せるチェリーのような存在であるストライカーの獲得に向けて、水面下で動き続けていることを明かした。果たして、ミランCEOの頭の中にある「ミスターX」は誰になるのか。まだ1カ月以上が残っている移籍市場において、ミランが提供する話題は尽きることがなさそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/22(土) 6:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新