ここから本文です

Happy Birthdayジョージ王子! 彼がもたらす驚くべき経済効果とは?

7/22(土) 10:20配信

VOGUE JAPAN

7月22日、4歳の誕生日を迎えるイギリス王室のジョージ王子。今回『VOGUE』では、彼のバースデーに合わせて、彼が世界中に影響を与えている子供服スタイルに注目してみた。多くのブランドが即完売と追加在庫を繰り返すほどの経済効果の要因と、クラシカルスタイルの魅力を検証する。

愛らしいジョージ王子の写真をもっと見る!

業界を席巻する「ジョージ王子効果」。

ジョージ王子がファッション界に初めてその足跡を残したとき、彼はわずか生後1日であった。2013年7月23日、英国の王位継承第三位にあたるジョージ王子は、鳥の絵柄がプリントされた真っ白な産着用ブランケットに包まれ、両親に抱かれてロンドンのセント・メアリー病院から退院した。700万人がその様子をテレビで視聴し、その影響は瞬く間に広がった。わずか数時間以内に、ニューヨーク発ブランド、エイデンアンドアネイ(ADEN + ANAIS)のブランケットの注文数は1万を超えていた。ウェブサイトもクラッシュし、復旧後もサイト訪問者数は2000パーセント近くにまで急増した。これは、その後も繰り返されることになる「ジョージ王子効果」の初の事例であった。以降、店舗の在庫を絶えず枯渇させる彼の影響力は、全国的な現象にまで発展している。

王子は、1歳の誕生日にロンドン自然史博物館を見学した際、プチバトー(PETIT BATEAU)のシンプルなストライプ柄デニムのオーバーオールを身にまとっていたが、この商品は王子の公式写真が公開されるより前に完売。

王子が初めてのクリスマスを迎えた際に、ケンジントン宮殿で撮影されたポートレートが公開された際にも、同じ反応が起きた。近衛兵の模様があしらわれたキャスキッドソン(CATH KIDSON)のベストは、この時すでに完売していたものの、熱狂的な買い物客から問い合わせが相次いだために、再び在庫を追加する事態となった。

2014年に両親と共にニュージーランドを公式訪問した際には、可愛らしいヨット柄が刺繍されたレイチェルライリー ロンドン(RACHEL RILEY LONDON)のオーバーオールを着用。例に漏れず、この写真がネットに出回るや否や、同じデザインのアイテムが2サイズ完売した。またその後、同ブランドには特に英国王室への関心が高いアメリカなど海外からの注文が急に殺到するようになり、この傾向は現在に至るまで続いている。ライリーは『VOGUE』に対し、「当社コレクションに対する需要が世界規模で増加しているのは、間違いなくジョージ王子の影響です」と述べている。

1/3ページ

最終更新:7/22(土) 10:20
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2018年1月号
2017年11月28日発売

700円(税込み)

リリー=ローズ・デップが表紙に初登場! 特別付録は、グローブ・トロッター 120周年記念 特製ミニ・トラベルケース。