ここから本文です

猫は雨が降るとおとなしくなる?

7/22(土) 8:11配信

@DIME

雨の日って、人間も憂鬱。ちょっぴりメロウな気持ちになりますよね。よく考えたら、いつもは甘えん坊な猫も、ちょっぴり大人っぽく見えたりしませんか? 物思いにふける大人っぽい猫を見て、大きくなったものだわ……と思ったり。飼い主は、自分の感情を猫に投影しがちなのですが、猫って、雨の日のことをどう思っているのか、何で静かに過ごしているのか、調べてきました。

猫が雨を嫌うのには理由があるそう。日本にいる猫の祖先といわれるリビアヤマネコが住む地域は砂漠で、昼夜の温度差がとても激しい地域です。そのため、濡れた状態で、夜になると、水分が蒸発する際の気化熱で、自分の体温が奪われ、最悪の場合は、命を落としてしまうこともあるのだそう。

もちろん、そんな日に、狩りに出てもおいしいご馳走がゲットできるわけでもありません。本能にそれが組み込まれている現代の猫も、雨の日は雨に濡れないところで静かに過ごそうと思っているというのが、定説なようです。

しかも猫は犬と同様、体毛が2層になっているのですが、犬と違って猫は2層とも柔らかい毛なので、皮脂に水がつかないよう被毛の部分で水をはじくという機能がないのだそうです。だから、犬は、ブルブルッと体を振れば水をはじくことができますが、猫の場合は、ちょっと水が付いただけでも水が皮脂に浸透してしまうのだそう。少し濡れただけでも、過剰にぶるぶる震えてしまうそうです。寒いのが苦手な猫は体の熱が奪われることに決死の覚悟で反抗しているのです。

そんな日は、家の中で静かに雨を眺めながら過ごしたい、そう思う猫の気持ちもわかる気がします。雨は永遠には降り続きません。いつの日にか、太陽が差し込む日が来るのです。これからは、自分が世界的に有名な猫好きの作家、ヘミングウェイになった気分で、猫と一緒にメロウな時間を過ごすのも悪くないかもしれません。

文/佐藤玲美

@DIME編集部

最終更新:7/22(土) 8:11
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年11月号
9月16日発売

定価600円

RIZAPの真実。
2018年最新手帳 格付けレビュー
スーパー中学生のつくりかた