ここから本文です

今年は松山英樹が刻むか。全英OP、ロイヤルバークデールの「伝説」

7/22(土) 16:30配信

webスポルティーバ

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 今季のメジャー第3戦、全英オープン(7月20日~23日/イングランド)が開幕した。

【写真】ウインブルドンにあらわれた松山英樹

 今回の舞台は、ロイヤルバークデールGC(7156ヤード、パー70)。イングランド・マンチェスターから北西に車で1時間あまり、サウスポートの街のすぐ南側に位置し、アイリッシュ海を望む英国を代表するリンクスコースのひとつだ。開場は1889年と、その歴史も古い。

 20世紀に入ってから、1922年に現在のレイアウトに改造されて、1954年に初めて全英オープンが行なわれた。以降、全英の”ロタ(※)”のひとつとなり、今年で10回目の開催。過去、偉大なチャンピオンたちがここから生まれている。
※ローテションによる開催コース。現在は10コースある。

 1961年大会では、アーノルド・パーマー(アメリカ)が全英オープン初優勝を飾った。その前年、パーマーはマスターズ、全米オープンを制して、全英オープンでは年間グランドスラムへの期待がかかったが、惜しくも2位。その雪辱を果たしたこともあって、パーマーのファン”アーニーズ・アーミー”も熱狂した。

 そんなファンを前にして、パーマーも初めて手にしたクラレットジャグ(全英オープンの優勝トロフィー)を高々と掲げて喜びを爆発させた。

「『偉大な選手』と呼ばれるためには、全英で勝たなければならない。この厳しい天候の中で、自分のやるべきことができた」(パーマー)

 1976年大会では、ジョニー・ミラー(アメリカ)が2位に6打差をつけて圧勝した。そのとき2位に入ったのは、まだ無名だったセベ・バレステロス(スペイン)と、「帝王」ジャック・ニクラウス(アメリカ)だった。

 当時19歳だったバレステロス。その登場は鮮烈だった。3日目の17番でイーグルを奪うと、ミラーから2打差のリードを奪って最終日を首位で迎えたのだ。しかし、若くて粗削りなプレーが目立ったバレステロスは、最終日に大きく崩れた。6番でダブルボギー、11番でトリプルボギーを喫するなどして、ミラーに逆転を許してしまった。

 それでも、スペインの”新星”が第一歩を刻んだ舞台として、この大会は全英オープンの歴史のひとつに刻まれている。現に優勝したミラーは、のちにこう振り返っている。

「あの勝利は、私の生涯でもとても大きなものだった。しかしそれ以上に、セベが世界に知られる大きな戦いだったと思う」

 ミラーが続ける。

「決勝の2日間、セベと一緒にプレーをした。彼の存在は知らなかったし、私たちは(プレー中も)あまり話さなかったけれど、セベのあのあふれんばかりのパワフルなプレーを目の当たりにしたことは、今でも忘れられない」

 その後、バレステロスはスペインゴルフ界をけん引し、欧州ツアーを席巻した。全英オープンも3年後の1979年大会に初優勝を遂げた(1984年、1988年と通算3勝)。1980年と1983年にはマスターズも制し、世界ランキング1位の座にも就いたが、1990年代に入ると徐々に低迷。長いスランプに陥って、2000年代の中頃には第一線から退いた。そして2011年、脳腫瘍のため、54歳の若さでこの世を去った。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
10月5日(木)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 いざ決戦のシーズン』
■オータムクラシック2017
■宇野昌磨、本田真凜ほか

Yahoo!ニュースからのお知らせ