ここから本文です

朝ドラ『べっぴんさん』で人気が本格化。刺繍ブームがキテる! [FRaU]

7/22(土) 14:00配信

講談社 JOSEISHI.NET

「刺繍というと、難しそうに感じたり部屋でチクチクと刺す孤独なイメージがあったりするかもしれませんが、針と糸さえあれば始められミシンを必要とせず場所も選ばないので、実は入りやすいクラフトの一つなんです」(DMC広報&マーケティング 高橋百合子さん)

PROFILE

DMC広報&マーケティング
高橋百合子さん
刺繍偏愛歴20年。アパレルメーカーにてトレンド分析、バイヤー兼プレスなどを経て、手作りの魅力を再認識。現在は世界中にファンをもつフランスの老舗刺繍糸メーカーDMCジャパン支社にて広報兼マーケティングとして活躍中。「手作りのあるライフスタイル」をテーマに様々な企画や商品を展開。

『べっぴんさん』が火付け役に

少しずつ静かなブームとなっていた刺繍だが、それをさらにメジャーに押し上げたのが、朝ドラ『べっぴんさん』。

「べっぴんさんの影響で刺繍を意識する人が増えています。SNS等見せられる場があることで、作る楽しみだけでなく、披露する楽しみが生まれたんです。一人で地味にチクチク刺すイメージが覆され、刺繍人口が一気に増えましたね」

今、刺繍がアツい理由

Reason1
「1色だけ&太め」が爆発的HIT

樋口愉美子さんが約3年前に出版した1色刺繍の本。そのシンプルで北欧的なデザインが大ブレイク。

ブームの火付け役となった樋口愉美子さんの最初の刺繍図案集『1色刺繍と小さな雑貨』(文化出版局)

「それまで刺繍は古い、手間がかかりそうと敬遠されていたんですが、オシャレだし自分でも作れそう!と新たに始める人が急増したんです。その翌年樋口さんが出されたウール糸で刺す刺繍本も、太糸ならではの可愛らしさ、仕上がりの早さから大ヒット。完全に刺繍界のトレンドを変えました!」

刺繍自体もブレイクするきっかけに。

Reason2
GUCCI2016の秋冬コレクションで
モード界も夢中に

2016AWコレクションではGUCCIが鮮やかな刺繍デザインをあしらったアイテムを多数発表、瞬く間にモード界でも刺繍ブームに火がついた。

1/2ページ