ここから本文です

元世界1位の盟友が太鼓判 フェデラー全米OP制覇に「確信に近い発想さえある」

7/22(土) 19:34配信

THE ANSWER

かつて世界トップの座を争い、誰よりもフェデラーを知るロディックが展望

 男子テニスシングル世界ランキング3位のロジャー・フェデラー(スイス)は、ウィンブルドンで今季グランドスラム2勝目を挙げるなど、完全復活を印象づけた。35歳にして今なお進化を続けるマエストロに対し、かつて世界トップの座を争った盟友が全米オープン制覇に太鼓判を押している。ATPワールドツアー公式サイトが報じた。

【動画】錦織にも、フェデラーにも、彼は突然、股を抜く…テニスTVが紹介した股を抜きすぎるキリオスの「8つの股抜き」の瞬間

 国際テニス殿堂入りが決まっている元世界ランキング1位のアンディ・ロディック(米国)は、フェデラーの1歳年下にあたる。2003年の全米オープンでグランドスラム初制覇を果たした一方で、ウィンブルドンでは04、05、09年にそれぞれ決勝戦で全盛期のフェデラーに敗れ、準優勝に終わっている。

 記事によれば、フェデラーに辛酸を舐めさせられたロディックは記者からこんな質問を受けたという。

「あなたはウィンブルドンでロジャー・フェデラーを破るまであと少しのところでした。フェデラーがいまだに圧倒的な強さを誇る今、かつての決勝戦はより感銘的に映りますか?」

 09年大会の決勝はフルセットに及ぶ伝説の死闘となった。第5セットは14-16までもつれたが、最終的にフェデラーが栄冠を掴んだ。直接対決の戦績はロディックが3勝に対して、フェデラーは21勝。ロディックのキャリアにおいて、“最大の障壁”として立ちはだかってきたのがスイスの天才だった。

35歳で圧倒的な強さを見せる盟友に「見ているだけで度肝を抜かれる」

「答えはノーだ。ロジャーが35歳で(試合を)支配している事実が僕のキャリアをより良く見せるということはないよ。彼の活躍には感動している。彼がテニスコート上でどんなことをやってのけることができるのか、僕は誰よりも理解している。ウィンブルドンに加えて、USオープンになるかもしれないが、さらなるグランドスラムを勝ち獲る姿を見ることができると確信に近い発想さえ抱いているよ」

 記事によれば、フェデラーの強さを誰よりも知る男は、全米オープン(8月28日開幕)でも勝機ありと太鼓判を押したという。

「35歳でまた圧倒的な強さを示すということは、また別の話なんだ。それには畏怖の念を覚えるし、驚きもしている。ロジャー・フェデラーが僕を驚かすことなんて、そうそうないんだけどね。見ているだけで度肝を抜かれるんだ」

 フェデラーを知り尽くす「ホール・オブ・フェイマー」は、今季の完全復活に感動を抑えることができない様子だった。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:7/22(土) 19:34
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。