ここから本文です

韓国も東ティモールにドロー。簡単ではないアジアの戦いで見えた東京五輪世代の底力

7/22(土) 17:22配信

SOCCER DIGEST Web

U-23アジア選手権予選・第2戦のカンボジア戦は終盤まで0-0で推移。

[U-23アジア選手権予選]日本 2-0 カンボジア/7月21日/プノンペン
 
 7月21日に行なわれたU-23アジア選手権予選・カンボジア戦は、なんとも“アジア予選らしい”試合となった。序盤から日本をフルにリスペクトして守りを固めてきた相手に対し、若き日本代表は外からの攻撃で次々と得点機を作るも、「いつもの課題」(内山篤監督)である決定力を欠いて得点ならず。0-0という重苦しいスコアのままに時計の針は進んでいった。
 
 同日に行なわれた別グループの予選で韓国が東ティモールに0-0のドローとなったように、アジアといえども予選はやはり簡単ではない。東南アジア諸国全体が底上げされてきていることも間違いない。さらに言えば、中1日での3連戦となる第2戦はマネジメント面でも難しい。日本はフィリピンとの試合から11名全員を入れ替えるターンオーバー策でこの試合に臨んだが、小さからぬリスクもある戦略だ。なにしろ大声援を贈るサポーターを背に戦うカンボジアが第1戦で中国と引き分けた勢いそのままに挑んでくるのに対し、日本の選手はほとんどが「大会初戦」なのだ。代表公式戦初出場という選手もいるなかで、メンタル面でも簡単ではない試合になった。
 
 ゴールが生まれたのは後半も半ばを過ぎた72分のこと。DF柳貴博(FC東京)のクロスがファーに流れたところをMF遠藤渓太(横浜FM)が冷静に流し込んで、試合を動かした。喜びを爆発させる様子からは苦しかったゲーム内容も窺えると同時に、あらためて“絶対に負けられない”マインドになってしまうアジア予選の難しさも感じさせた。
 
 もっとも、「いい勉強になった部分もある」と内山監督が言うように、若い選手にとっては強烈なアウェーの雰囲気も、引いて守る相手に取れそうで取れないままズルズルいってしまう試合展開も、最後にそれを打ち破った成功体験も、それぞれ貴重な経験値となる試合だったことは間違いない。
 
 そして、初招集組や代表常連ではない選手たちが第1戦に続いて輝いてくれたのも、3年後の東京五輪まで続く、この代表の戦いにとってポジティブな材料だった。

1/2ページ

最終更新:7/22(土) 17:22
SOCCER DIGEST Web