ここから本文です

“SNS就活”で心打たれた元伊代表DF「チームが決まったら寄付する」

7/22(土) 7:43配信

フットボールチャンネル

 元イタリア代表DFのクリスティアン・ザッカルドは、SNSでの“就職活動”を行ったことで新たな発見があったようだ。伊メディア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ.com』が伝えている。

【動画】ベッカムVSシメオネ!サッカー史に残る因縁の真実とは?

 2006年のワールドカップ(W杯)優勝メンバーであるザッカルドは、現在35歳。2016/17シーズンはセリエBのヴィチェンツァでプレーしていたが、現在はフリーとなっている。

 そこで同選手は、世界最大級のビジネスSNS「LinkedIn(リンクトイン)」に自身のキャリアなどを載せて“就活”を始めていた。

 この動きに対して多くのメッセージが届いたようで、ザッカルドはSNSを更新し、「世界で最も偉大で最も強いチームをもう見つけたよ。それはみんなだ! みんなの愛情やサポートが、僕に大きな熱意を与えてくれたんだ」と、感謝を伝えている。

 心を動かされたザッカルドは、「チームが決まったら、マスタースポーツビジネスマネジメントの奨学金に寄付することにしたよ」と、自身の決意を明かした。

 肝心の就職活動も良い影響があったようで、「本当に多くの話をもらっている。近いうちに決断するよ」とコメント。ザッカルドは「W杯のトロフィーを掲げたときに感じたような魔法だ。心からありがとう」と締めくくった。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)