ここから本文です

360度カメラにハマった理由 4Kにグリップ付きで撮影が快適

7/22(土) 12:00配信

日経トレンディネット

 自分の周囲をぐるりと撮影できる360度カメラの人気がじわりと高まってきているようだ。製品は数年前からあったのだが、最近は高性能なモデルが手ごろな価格になってきたためだろう。いまやスマートフォンのカメラが高性能なので、旅行などに行っても写真や動画の撮影はスマホで済ませてしまうという人も多いが、2台目のカメラとして持っていると、いつもと少し違う写真や動画が撮れて新鮮だ。SNSなどで簡単にシェアすることもできる。

【関連画像】僕は「Galaxy S8+」の予約購入キャンペーンでGear 360を入手した。通常の価格は2万9880円

 僕も所有していた1台をそろそろ買い替えたいと思っていたところ、サムスン電子の「Galaxy Gear 360」の新モデルが登場した。4K動画対応で3万円ほどなのだから、コストパフォーマンスは高い。早速、旅行に持ち出してみた。

 正確には、360度カメラという表現は正しくない。水平にぐるりと一周撮影するなら360度だが、Gear 360は足元から天空まで撮影できる。「全天球カメラ」というのが正しい。

 全天球カメラにはいろいろな製品がある。球体や立方体のモデルが主流だが、球体や立方体のモデルは小型三脚や棒などを取り付けないと持って歩きづらい。動画を撮る際には、手に持つか、どこかに置くことになるのだが、しっかり握れたほうが手ぶれも小さくなるし、地面や床に置くとしても、少し高さがあったほうがいい。高さがないと、地面ばかりが写ってしまうからだ。

 その点、Gear 360は、握りやすいグリップが付いている。地面に立てることもできるので、三脚などを持ち歩かなくても、それなりの撮影ができるのがGear 360のいいところだ。付属のストラップにはドーナツ状のリングが付いており、これをはめることで、立たせたときにより安定する。

ボタンは3つだけで、慣れれば使いやすい

 Gear 360の本体は、とてもコンパクトだ。作りもシンプルで、ボタンは電源とBluetooth、撮影の3つしかない。電源ボタンを押して起動したら、まずは使いたい機能を選ぶ。Bluetoothボタンはメニューボタンを兼ねており、これを押して機能を切り替え、撮影ボタンを押して決定する仕組みだ。Bluetoothのセッティングのほか、動画、静止画の切り替えなどが可能で、設定中の機能や残り撮影時間はグリップ部分の液晶に表示される。一度マニュアルを見れば、操作方法はすぐに理解できると思う。

 撮影したファイルはmicroSDカードに保存される。microSDカードは、スマートフォンのSIMのようにトレーにのせて本体にセットする。32GBのmicroSDカードに2880×1440ドット(30fps)の動画を記録する場合、記録可能な時間は2時間48分と表示された。ただし、メーカーは正確な時間を公表していないので参考値と考えてほしい。撮影する内容によって多少の違いは出るだろう。

 なお、バッテリー駆動時間は2560×1280ドット(30fps)で最長130分となっているので、バッテリーのほうが先にリミットに達するはずだ。どちらにしろ、ほぼ2時間程度、撮れると考えていい。外出時は、充電用にモバイルバッテリーとUSB Type-Cケーブルを持ち歩けば万全だ。

1/2ページ