ここから本文です

外国産鶏肉、100均野菜…他 その激安食品、買っても大丈夫?

7/23(日) 11:30配信

マネーポストWEB

「外国産鶏肉は危険?」「100円均一ショップの野菜の質は?」など、読者が実際に買って疑問や不安に思った食品について、食のプロに赤裸々質問! 知っているようで知らなかった正しい食品の選び方を専門家に聞いた。

肉&魚編

Q:いつも1500円はするうなぎのかば焼きが、消費期限ギリギリのため半額に。思わず3パック買いました。古いから安いだけで、すぐ食べれば大丈夫ですよね?(53才・主婦)

A:うなぎは約8割が中国や台湾などの外国産。元から格安の品は外国産の可能性が高いため避けた方がいい。このケースは消費期限の関係で値下がりになっており、国内産表示もあるので比較的安心といえるが、添加物が気になるところ。

「うなぎのかば焼きの場合、色つやを出すカラメル色素や、加工でんぷんが使われているものがあります。このような添加物が使用されていることは知っておいた方がいいでしょう」(添加物評論家の安部司さん)。

Q:外国産の鶏肉は安くて、家計には助かるのですが、味や安全面を考えるとやめた方がいいのでしょうか?(40才・主婦)

A:鶏肉の味は、肉を切ってからの保存方法が影響する。

「肉は凍らせてから解凍すると味が落ちます。おいしくないのは、解凍された鶏肉。写真のような商品はおすすめできません。いちばんおいしいのは、切ってから一度も凍らせていない国産鶏肉。外国産鶏肉でも、切ってすぐに凍結し、冷凍のまま販売されているものなら、おいしいものが多いはずです」(食品安全教育研究所代表の河岸宏和さん)。

 また、安全性に関しては、外国産でも輸入の際に検査を通っているので問題ない。

野菜&果物編

Q:国産野菜や果物は不作の年は値上がりし、家計に大打撃。100円均一ショップで売られている野菜はいつでも同じ108円。これって品質は大丈夫?(49才・主婦)

A:「スーパーの場合、世の中の相場変動で野菜や果物の値段が決まりますが、100円均一ショップは、相場に関係なく毎年同じ価格で仕入れています。そのため、野菜や果物が高騰している時は100円均一ショップの方が安いですが、逆のケースの時に100円均一ショップで買うと損することも」(河岸さん)。

1/2ページ

最終更新:8/24(木) 21:53
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネーポスト

株式会社 小学館

2017年夏号
6月1日発売

定価620円

最新号の総力特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。「年内株価3倍期待の高成長株10」他、上がる株を一挙大公開。