ここから本文です

シャツのシワとり、短時間で美しく 「肩・胸」に重点

7/23(日) 7:47配信

NIKKEI STYLE

 ビジネスに欠かせないワイシャツ。自宅でアイロンがけができればクリーニング代が節約できるし、急な用事で必要になっても慌てない。短時間で美しく見える方法を探った。
 出発点は洗濯だ。クリーニング店の3代目で「洗濯王子」として知られる中村祐一さんは「ワイシャツをタオルなどと一緒に洗うと、脱水時間が長くなりすぎてしわになりやすい」と指摘する。脱水はシャツだけなら30秒~1分で十分という。肩周りや襟、袖など生地が厚い部分は乾くときに縮みやすいので、脱水後によく引っ張ってから干す。
 アイロン台選びも重要だ。小さすぎる台は、広い面積のしわを効率的に伸ばすのに向かない。「アイロンがけが苦手という人はたいてい小さすぎる台を使っている」(中村さん)。よく見かける消防服のようなグレーのカバーは、耐熱性は高いものの、上に載せた衣類が滑り落ちやすいのが短所。下に落ちたシャツを何度も引き上げる動作は時短術の大敵なので、滑りにくい綿製のカバーを選ぼう。
 家事研究家でベアーズ(東京・中央)副社長の高橋ゆきさんは、ユニークな方法を提唱する。重視するのは肩から胸にかけてのしわ取り。この部分は人から真っ先に見えるためで、しわが残っていると「ほかの部分をいくらきれいに仕上げても美しく見えない」(高橋さん)。

■背中の上部 つまんで台に

 ベアーズ式はまずシャツの背中の上部を両手でつまみ、襟や肩側など上半分をアイロン台の上に載せる。襟を立てて人が着ているような形に広げ、アイロンの腹を使って肩と背中の最上部のしわを伸ばしていく。
 アイロン台の先端部分を肩の内側に当てて生地を回しながらしわを伸ばす、といった面倒な作業は一切不要だ。このやり方で、両方の胸から肩、背中の上部にかけてのしわが10秒程度で消えていく様子は圧巻だ。
 次は襟。よくやりがちだが、襟の端から端まで一気にアイロンを動かすやり方は、どちらかの端にしわが寄ってしまいがちなので禁物。アイロンが襟の中心部まで来たら、反対側からもう一度中心部に向かってアイロンを動かす。
 襟ができたら腕と袖を仕上げる。腕はいったん縫い目に沿ってアイロンを縦に動かすものの、その後は横にスライドさせてしわを取るのがコツ。ボタンの間にあるタック(ひだ)は指で広げ、そこを目指してアイロンを動かす。手首に一番近いカフスは、内側からアイロンを当てよう。

1/2ページ

最終更新:7/23(日) 7:47
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。