ここから本文です

注目の逸材、セント・フォースの“アグラ女子”伊東紗治子

7/23(日) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、セント・フォースの異色の新人、“アグラ女子”伊東紗治子に注目。

 * * *
 8月9日(水)オンエアの『1周回って知らない話』(日本テレビ系)の収録が行われ、参加してきた。

 開始前、私の楽屋に「芸能界の“今どきの視聴者代表”」の一人、伊東紗治子(さやこ)さんが挨拶に来てくれた。

 長身で、両脇から身体の中央にギュッと骨格や肉を寄せたかのような抜群のスタイル。視聴者の目線が迷わず胸元に集まるようなトップスにミニスカ。ローションで整肌した脚はキラキラ輝いていて、数年前の菜々緒か中村アンのように見えるし、いま男性にも女性にも大人気の“モグラ女子”泉里香のような雰囲気も漂っているのだけれど、なんと、セント・フォース所属だというではないか。つまり、伊東は、アナウンサーとグラビアの二足のわらじで活動を始めた“アグラ女子”なのである。

 言わずと知れたフリー女子アナやキャスターに特化した事務所がセント・フォース。伊東紗治子は、名前の響きこそ、あの伊藤綾子に似ているが、可愛らしいタイプが大半の同社にあっては正反対と言ってもいい。

 第一に、この衣装が、セント・フォースらしくない。『踊る!さんま御殿!!』(同)に同事務所の皆藤愛子や新井恵理那、岡副麻希、そして小林麻耶らが出演する際は、「浴衣」や「憧れの職業」「クリスマス」などの企画以外は100%、ワンピースだ。が、伊東のそれは、まさに“モグラ”なのである。

『1周回って~』のMCは同社所属の川田裕美アナということで、いわゆるバーターであることは理解できたが、その“異端”ぶりに大きな興味をもった。

 収録の休憩中、その川田とは特に深い繋がりがあることや、伊東の人となりを知る機会に恵まれた。

 本番でも「伊東さんは、やっぱりアナウンサーさんだから、楽屋への挨拶の仕方が違いましたねぇ」と言っていた東野は、他のタレントはドアを開け、部屋の外で挨拶をするのに、伊東は、「楽屋の中まで入って来て、丁寧に挨拶をしてくれた」と指摘。

1/3ページ