ここから本文です

原宿にオープンしたKEENの世界最小シューズ工場に潜入!編み込みを自動化するロボット『UNEEKBOT』がスゴい

7/23(日) 7:10配信

@DIME

■原宿で工場見学して限定UNEEKを手に入れよう

「ハイブリッド」をテーマに、イノベーティブな商品開発をしているKEEN(キーン)。近年のヒット商品といえば、2本のコードと1枚のソールで編み上げたオープンエア・スニーカー「UNEEK(ユニーク)」だ。これまで、UNEEKはひとつひとつ職人がコードを編み込むという気の遠くなる作業が必要だったのだが、ついに編み込み=インターロッキングシステムを自動化する専用ロボット「UNEEKBOT(ユニークボット)」を開発、稼働が決まった。

 一般ユーザーへのお披露目は、6月、ヨーロッパで開催されたアウトドア リテール ショーで行われたが、デモだけではなくUNEEKBOTが製造した限定カラーUNEEKを世界で初めて販売するのは原宿のポップアップストアに決定。KEEN原宿直営店の隣に出現する「UNEEKBOT FACTORY STORE」(7月21日~23日)にUNEEKBOTを設置し、工場見学しつつ買い物も楽しめる趣向となっている。

 この“世界最小級のシューズ工場”の開発が始まったのは、2015年。オレゴン州のKEENと、アイダホ州のロボットエンジニアリングカンパニー「ハウス オブ デザイン」が協力してプログラム開発に取り組んだのだ。

「複雑なプロジェクトではよくあることですが、何か一つのことに苦戦したというのではなく、一つの問題を解決すると、次の難題が降りかかってくるという感じで、次々に問題が発覚して、そのひとつひとつに対処していく2年でした。とにかく集中して忍耐強く、一つずつ課題を潰していくしかありません。その結果として、UNEEKと応用ロボット工学について深く知ることができ、ここまでたどり着くことができたと思います」と感慨深いコメントを送ってくれたのは、KEENイノベーション・ディレクター、ローリー・ファースト・Jr.氏。

課題が次々に襲うUNEEKBOT開発の第一の関門は、全ての素材の一貫性と品質を管理すること。セルに入れるパーツは厳格に均一でなければエラーが出てしまう。均一にそろえること自体は簡単なのだが、各部品や素材の仕様を正確に決めて、それがロボットにどのように作用するのかを計算することが大変な作業なのだという

パーツの均一化が実現しても、金型とソールの最適な位置を割り出すことに四苦八苦。ロボットのセルの中で、ソールはもっとも大切な部品の一つで、ロボットにとっての一番のターゲットでもある。この位置決めが第二の難問だ

 UNEEKBOTのプログラマーであるオスカー・ウィリアムソンによると、こうして完成したUNEEKBOTは精度が高く、製造中のエラーはほぼないとのこと。

 UNEEKBOTは、これまで職人が50分かけて編み込んでいた工程を、わずか6分で仕上げることを実現した。何度となく編み込みの練習をした職人でなくとも、ボタンひとつで美しく編める。人件費と製作時間の大幅な削減ができるだけでなく、コンパクトなボディなので電気さえあればストアの片隅で製造できるのだ。販売店と工場が直結できるので輸送費と輸送に伴うCO2排出を削減できるというメリットも見逃せない。

編み込み以外の作業は、職人の手による。作業時間の合計は約25分で、これまでの片足分の編み込み作業時間で1足分が完成する

UNEEKBOTの工程では、ソールの裏側にコードが出る。最後にコードを処理するのも職人の技だ。原宿で生まれたUNEEKのソールには特別に「TYO MADE」の文字が刻まれている。これも見どころのひとつ

従来のUNEEKはかかとのコードをレザーで覆っていたが、UNEEKBOTが作るUNEEKにはロゴ入りの樹脂パーツをあしらっている

 今回、UNEEKBOTが作る限定モデルは男性用・女性用各5モデル。ネイティブアメリカン風のカラーリングで夏にぴったり。

 UNEEKBOTを各ストアに設置すれば、その場でカスタムができるはずだ。そんな構想はあるのだろうか?

 ローリーによると、答えはイエス。「UNEEKBOTと電源さえあれば、どこでも文字通り“ユニーク”な自分だけの一足を作ることができます。いずれは各ストアでカスタムカラーの注文を受け付けたいですね」。

UNEEKBOT FACTORY STORE
原宿・バンクギャラリーに開設する期間限定ストア(7月21日~23日 11:00~20:00)。当日は限定UNEEKを販売するほか、イラストレーターである長場雄さん×書道家の万美さんによる原画やライブペイント、シルクスクリーンのワークショップ、アーティストのライブなど楽しいイベントが開催される。

取材・文/大森弘恵

@DIME編集部

最終更新:7/23(日) 7:10
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2018年1月号
11月16日発売

定価600円

ヒット商品総まとめ&大予測
男を格上げする傑作カバン100選
人が10倍集まるInstagram活用術

配信終了のお知らせ(11月16日)

  • nikkei BPnetの配信が終了しました。